Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高杉真宙、森川葵、宮沢氷魚登壇!『映画 賭ケグルイ』第2弾大ヒット御礼舞台挨拶

2019/5/23 10:04

高杉真宙、森川葵、宮沢氷魚登壇!

『映画 賭ケグルイ』第2弾大ヒット御礼舞台挨拶

DSC_3888S

『映画 賭ケグルイ』の大ヒット御礼初日舞台挨拶が522()に、TOHOシネマズ日比谷で行われ、ドラマ版からメインキャストである鈴井涼太役の高杉真宙、早乙女芽亜里矢悪の森川葵、そして劇場版から登場のオリジナルキャラクター・村雨天音を演じた宮沢氷魚が登壇した。

本作は河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒットコミック「賭ケグルイ」の実写映画化で、原作者・河本ほむらが原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。リスクを負うことに快感を覚える賭ケグルイの転校生・蛇喰夢子(浜辺美波)が、学園を支配する生徒会が送り込む百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちと様々なギャンブルで死闘を繰り広げる物語。

DSC_3874S

宮沢自身、映画公開後に「道で声をかけられる機会が増えた」と明かすが、「『氷魚くんですよね?』と言われるかと思いきや『天音っち!』とか『村雨』とか『今日は歩火(あるきび/福原遥)さんはいないんですか?』とか…(笑)。いるわけねーだろ!」と困惑しつつも嬉しそうに語る。

DSC_3850S

高杉は、宮沢について「ああいうクールな役で、すごくカッコいいし、クールそうな人かと思ったら、意外とかわいらしいところがあって、ご一緒していて和みます。(宮沢さんが)『歩火…』と言うときの声がすごく好きです!」と大絶賛。宮沢も「(高杉が)大好きです! 過去の作品を見て、お会いするまで怖い人のイメージがあったんですけど、本当に優しくてこんないい人はいないです」と相思相愛の様子だった。

DSC_3855S

森川は、劇中での宮沢とのギャンブル対決を振り返りつつ「その節は、申し訳なかったです。うちの矢本悠馬がご迷惑をおかけして…(苦笑)」と平身低頭。矢本のアドリブを多用した動きに宮沢は笑いをこらえるのに必死だったようで、森川は「矢本悠馬は素敵な役者だけど、何をしてくるか読めないし予測つかない」と説明し、自身の監督不行き届き(?)を改めて謝罪した。

宮沢は「(笑わないように)相当、頑張ったよ…。超面白いもん。毎回、違うことやってくるし、しまいにはこっちに絡んでくるし。(矢本は)先輩だし、何も言えないけど…(ボソッと)あとでクレーム言れてやろうかと…それくらい面白くてつらかったです」と本音を漏らし、会場は笑いに包まれていた。

『映画 賭ケグルイ』は大ヒット上映中。

 

関連記事


Page Up