Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

森田剛、台詞の量にびっくり!吉岡里帆、やっと素晴らしい作品に出会えた! サイモン・スティーヴンス・作『FORTUNE(フォーチュン)』製作発表会見

2019/11/29 00:20

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

2020年新春、東京芸術劇場プレイハウスにて上演されるPARCO PRODUCE 2020『FORTUNE(フォーチュン)』の製作発表会見が11月28日(木)、都内で行われ、主演の森田剛、ヒロインの吉岡里帆、田畑智子、根岸季衣、鶴見辰吾、そして本作のクリエイターとしてサイモン・スティーヴンス(作)、ショーン・ホームズ(演出)、ポール・ウィルス(美術・衣装)が登壇した。

319A1275s

後列左から:ポール・ウィルス、サイモン・スティーヴンス、ショーン・ホームズ
前列左から:鶴見辰吾、田畑智子、森田剛、吉岡里帆、根岸季衣

 

本作はイギリス演劇界を率引する劇作家サイモン・スティーヴンスが、ゲーテの代表作『ファウスト』を大胆にも現代のロンドンを舞台に置き換えた意欲的な新作で、英国に先駆け日本で世界初上演を果たす。演出は、2009 年から約10 年間、英国を代表する劇場であるリリック・シアターの芸術監督を務めたショーン・ホームズ。

主演・森田剛は、過去の出来事から喪失感を抱えて生きながらも、恋人・財産・名誉と望むもの全てを手に入れるために悪魔と[契約]を結び、闇へと堕ちていく二面性を持った主人公の映画監督・フォーチュンを演じる。また、フォーチュンが想いを寄せる若くして結婚しているプロデューサーで、素直でまっすぐな女性・マギーには吉岡里帆、すべてを手に入れたいフォーチュンと契約を交わす悪魔・ルーシーに田畑智子、フォーチュンの母親・キャサリンに根岸季衣、自殺したフォーチュンの父親・ショーンを鶴見辰吾が演じる。

319A1154s

森田は「この(出演の)お話をいただいたとき、何年か前にサイモンの戯曲(『夜中に犬に起こった奇妙な事件』2014年)を舞台でやらせてもらって、ものすごく苦労したんです。再びその中に飛び込むことは勇気のいることだが、僕にとってチャレンジだし、すごく刺激のあることで、ぜひやりたいなと思った」と語る。ただ、「びっくりしたのは台詞の量。前回もそうだったんですけど、『これだ、サイモン来た!』と、(台本を)拝見しました。受験勉強だと思って、机に向かって読むだけ(苦笑)。でも、周りの人たちとの関わり合いが描かれていて、その人たちによって心が動く愛の詰まった本だなと思ったし、これはチャレンジしたい」と意気込んだ。

319A1220s

吉岡は「私が10代のときに女優をやりたいと明確に思ったのは、小劇場で学生演劇を見たことがきっかけ。そのときから舞台のとりこで、『ずっと、舞台がやりたいです』って言っていて、やっと『FORTUNE』という素晴らしい作品に出会えた。サイモン、ショーン、ポールと、ものをひとつひとつ積み上げていく楽しさを味わってます」と笑顔で語った。

さらに吉岡は「たった1行の何気ない台詞の中に“double meaning”、すごい要素を含んでいて、そこを慎重に読み解く作業をしていて、それがこの作品が魅力的になっていく一歩だと思います。本作は悪魔が大きなポイントとして出てくるんですが、見えないものを見えると想像すると、さらにわくわくさせられる。お客さんが楽しんでいただけるという予感しかないと言う気持ちで溢れています」と自信たっぷりに語った。

319A1110s

悪魔の役を演じる田畑は「面白い役があるよって、蓋を開けたら『えっ!』という役だった。今回は、私自身挑戦だと思っています!」と意気込んだ。

根岸は「こんな無茶苦茶な話、どうやってやるんだろうって。ショーンが日本でワークショップをやるというので参加したら、ものすごく面白かった。稽古を楽しみにしていましたが、英国人クリエイターはタフです “so tough !” 。稽古2日間でヘトヘト状態。この中に筋肉疲労を起こしている人がいます(笑)」と稽古の様子も明かした。田畑は「悪魔が登場したら、空間が歪んだり、動かないものが動いたり。そういうお稽古で筋肉痛になった張本人です」と自供。

319A1311s

そして、鶴見は「所謂、パントマイム。同じ動きでずっと動く。起き上がって立ち上がるだけ。ものすごい筋肉痛になるんですよ。我々がセットの一部のように表現して舞台上にいたり、あるときは音楽の要素になったり、我々俳優俳優が身の部分だけでなく骨も皮も使われる。とことん心と体を提供する芝居になると思います。見たあとにドーンと来るインパクトがあると思います。それを人生の中に一生お持ち帰りいただければと思います」と締めたが、サイモンは「“It’s a love story.” 前半は魂を売っていくというエキサイティングな話。パーティがあって、音楽が流れて、ハリウッドが出てきて、高揚感が急激に高まっていく。そして、後半は底が落ちる!」とジョークを飛ばした。英国人2人と通訳以外は笑わなかったが・・・・。

PARCO PRODUCE 2020『FORTUNE(フォーチュン)』
2020年1月14日(火)~2月2日(日)[プレビュー公演1月13日(月・祝)] 東京芸術劇場 プレイハウス
【松本公演】2月7日(金)~9日(日) まつもと市民芸術館 主ホール
【大阪公演】2月15日(土)~23日(日) 森ノ宮ピロティホール
【北九州公演】2月27日(木)~3月1日(日) 北九州芸術劇場 大ホール

 

関連記事


Page Up