今秋、前川知大×亀梨和也PARCO劇場オープニング・シリーズに登場!

2020/8/5 14:42

亀梨和也・主演 『迷子の時間』 -「語る室」2020-

迷子の時間_亀梨和也さん撮りおろし写真-(002)

PARCO劇場のオープニング・シリーズを飾る一作として、『迷子の時間』 -「語る室」2020- の11月上演が決まった。本作は10年ぶりに劇場で作・演出を手掛ける前川知大の作品で、主演は、5年ぶりの舞台出演となる亀梨和也。

読売演劇大賞、芸術選奨新人賞、鶴屋南北賞をはじめ、演劇界の各賞を受賞し、近年では「太陽」や「散歩する侵略者」などの作品が次々と映画化されるなど、まさに日本を代表するクリエイターの前川知大。

本作は、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演された「語る室」をベースに、『抜け穴の会議室』以来10年ぶりの登場となるPARCO劇場のオープニング・シリーズに相応しい2020年版として新たに上演され、深遠さを増した独自のSF的な世界観から、今を生きる意味を私たちに問いかけてくる、まさに前川ワールドの真骨頂といえる作品となる。

主演を務めるのは、15年の蜷川幸雄演出の音楽劇『靑い種子は太陽のなかにある』以来、5年ぶりの舞台出演となる亀梨和也。前作では、自分自身の正義と、スラムでの正義の間で葛藤し、さらに恋人との死別を経験する青年という難役を見事演じきった亀梨が、今回は前川の独特な世界観の中、失踪した子供の叔父で、奇妙な幻覚に悩む警察官を演じます。前川が創るSFミステリーで、自身初となるストレートプレイに挑戦する。

 

前川知大 コメント
この公演の幕が開く11月に、社会がどういう状況になっているかは、誰にも分かりません。いま上演発表はすべきなのか、迷いました。PARCO劇場、亀梨さんと相談し、だったら迷ったまま発表してしまおうと決めました。迷ったまま、私たちは準備を進めています。迷っているからこそ、日々変わる状況に臨機応変に対応できることがあると信じます。
舞台は、神隠しにあった子供をめぐる SF ミステリー「語る室」(2015年)を、亀梨さんと一緒に「迷子の時間」として語りなおそうと思います。ある田舎町の交番前で、なぜかバーベキューの準備をしているとぼけた警察官がいます。神隠し事件の関係者が集まって語り合ううちに、いつの間にか異界が口を開けている…。
その警察官を亀梨さんにお願いしました。どう変わっていくのか楽しみです。

亀梨和也 コメント
蜷川さんとご一緒させて頂いて以来の5年ぶりの舞台で、初めてのPARCO劇場。また、オープニングの一年に参加させて頂けること、本当にありがたく感じています。
そして、初めてのストレートプレイ。昨年、このお話を頂いた時、嬉しさと同時に、初めてだらけの環境に正直不安もありました。日々、世の中の状況が変化していく中、みんなで話し合いを重ね、今という時間を柔軟にとらえ、さまざまな決断、出来る準備を進めていきたいと思います。
今だから、今しかできない時間を、前川さんをはじめ、キャスト、スタッフのみんなでしっかり積み上げていきたいです。
みなさんにお知らせをさせて頂くタイミングを日々話し合ってきました。本当に難しい世の中ですが、気持ちが繋がれるもの、今共有させて頂けるものを。その想いで発表させて頂きました。

関連記事


Page Up