のん、大九明子監督、そして脳内相談役“A”が声で登場!映画『私をくいとめて』お悩み相談付き上映イベント

2020/11/25 00:09

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

12月18日(金)より全国公開される映画『私をくいとめて』の“お悩み相談付き上映イベント”が11月24日(火)、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、主演・のん、そして大九明子監督が登壇した。

 

319A4637s

本作は、綿矢りさの同名小説を映画化。脳内に相談役“A”を持つ、31歳おひとりさま・みつ子(のん)が、年下営業マン・多田くん(林遣都)と出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまが描かれる。

第33回東京国際映画祭にて観客賞を受賞。『勝手にふるえてろ』(2017年)以来、観客賞を二度受賞するのは初。大九監督は、「まず、お客さまを入れて映画祭を開催していただいたことに感謝です。私自身も毎日楽しく映画を観ていましたし、他のお客さまも喜びに溢れていて、映画館で映画を観るのは不要でも不急でもないと思えたなかで、私どもの映画が賞をいただくことができて本当に嬉しかったです」とお客さまに頭を下げた。

 

319A4598s

当イベントのタイトルとなっている“お悩み相談付き上映イベント”。事前に募集した悩みごとに、みつ子に扮するのんと相談役“A”(声のみ出演)が答えるという特別企画が実施された。のんは「あんまり悩み相談はされないので、今日はめちゃめちゃ嬉しいです」とやる気満々。

まず一つ目のお悩みは、「色々考えすぎて仕方がないと分っていても、考えすぎる。誰か私をくいとめて!」。まずはのんが「『私をくいとめて』を見ていただいたら、みつ子が代わりに感情を爆発してくれているので、ストレス発散になると思うんですが、どうでしょうか?」と回答。さらに「ベッドの上で暴れたりしたら、どうだろうと思います」とコメント、会場からはクスクスと笑いが漏れていた。

一方、大九監督が「私も考えすぎる性格なので、お気持ちは分ります。そういうときはどんどん考えちゃう」とお悩み相手に同調。のんは「(そういうときは)絵を描いたり、曲を作ったりとか作る方に向かっていきます。モヤモヤしているものを形にして解消しています!」とベストのアドバイス。大九監督も「仕事する。それで脳をパンパンにしておけば大丈夫」と答えた。

 

319A4580s

続いてのお悩みは、「習慣にしたいことを持続してやり続けるにはどうしたらいいでしょうか?」。のんは「私も好きなことしか続かない性格なので、部屋の片付けをやろうと思っても結局取り掛かれなかったりするんですけど、つい昨日、解決法を見つけました!」とちょっと自慢げ。「パズルゲームしていたんですが、(スマホゲームだと)広告が入ってきて、その時間にちょっとずつ片付けをやってたんです。コツコツやっていたら昨日だけですごい片付いて!それをオススメします。CMは30秒で、その積み重ねで、かなり片付きました。今朝も5時までやっていました」とゲーム好きなことも暴露した。

そして三問目は、「休みの前の日にはやりたいなと思う事を考えているのに、いざ休みの日になるとつい寝過ぎてしまったりと、後悔することが多いです。誰か私をくいとめて!」。これには大九監督も「それ私もそっくりそのまま。ダラダラしちゃうことが多いので、起きたとたんに動くようにしてます。休みの日に洗濯しようと思っている日には、起きてすぐに洗濯機に向かうとか・・・」と自身の対策を告白。のんは、「すごく難しいなと思ったので、ちょっと助けを求めてもいいでしょうか?ねえ、いるんでしょう?“A”」と劇中さながらに“A”へ助けを求めると、「いますよ。私はあなたですから」と突如“A”の美声が響き渡った。“A”って誰?

声だけ出演の“A”は「まず、朝起きることに命を注ぎましょう。けたたましい音のアラームをならすことをオススメします。曲はそうですね…運動会の徒競走で流れる曲(クシコス・ポスト)はどうでしょうか?まず朝をちゃんと決められた時間に起きれば、精一杯全力で休日を過ごすことができるでしょう。“さあ、自分を奮い立たせるのです!”」とアドバイス。のんは「けたたましいアラームということで、私ゆるいアラームをかけてました。参考になりますね」と同調。大九監督の「まだ映画を観る前なのに、こんな茶番。ごめんなさい(笑)」に会場はどっと沸いた。

 

319A4584s

そして最後に、のん「この世の中にも、今日来てくださった方の中にもみつ子的な部分を持った“みつ子さん”、“みつ夫さん”がきっといるんじゃないかと思うので、そういう方のいいところもダメダメなところも、全部包み込んで愛おしいと思える映画だと思います。自分を全肯定して気持ちよく劇場を出ていただけたらと思います」、大九監督「私はどんな方の脳内にも“A”がいるんじゃないかなと思っています。映画の中でも、みつ子にだけ語り掛けてくれる“A”という存在が現れますけど、そういう脳内の宇宙を旅するような映画になればと作りました。特別な変わり者の姿を描いたつもりはないので、どこか自分に似た部分を感じていただけると嬉しいです」とメッセージを送った。

関連記事


Page Up