Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル「October Sky ‐遠い空の向こうに‐」ゲネプロ開催! 甲斐翔真「誰に感情移入してもきっと感動できるような作品に」

2021/10/6 05:00

取材:記事/RanRanEntertainment・写真/オフィシャル

ミュージカル「October Sky ‐遠い空の向こうに‐」初日会見&公開ゲネプロが10月5日(火)、Bunkamuraシアターコクーンで行われ、甲斐翔真、阿部顕嵐(7ORDER)、夢咲ねね、栗原英雄、朴璐美、中村麗乃(乃木坂46)、井澤巧麻、福崎那由他が登壇した。

IMG_0455s

左から)夢咲ねね 中村麗乃(乃木坂46) 井澤巧麻 甲斐翔真 阿部顕嵐(7ORDER) 福崎那由 栗原英雄 朴璐美


本作は、厳格な炭坑夫の家庭に生まれた主人公が、人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げを見たことでロケット制作を志す姿を描いた青春ミュージカル。元NASA技術者ホーマー・H・ヒッカム・Jr.による自伝小説「ロケットボーイズ」をミュージカル化した作品で、日本では今回が初上演となる。

_AI_4925ss


主人公のホーマーを演じる甲斐は、「このような状況下でここまでこられたんだという実感がたった今、湧いてきました。この奇跡を噛み締めながら、僕たちが作り上げた、日本初演のこの作品を無事に千秋楽まで届けられるように走り抜けたいと思っています」と挨拶。

_AI_5137ss


ホーマーと一緒にロケット制作に励む「ロケットボーイズ」のメンバー、ロイを演じる阿部は「ロケットを打ち上げる前の気持ちと、来てくださる皆さんにこの作品を見てもらう気持ちが重なって、とてもワクワクしています」と笑顔を見せた。

_AI_5148ss


同じく「ロケットボーイズ」のオデル役の井澤は「(劇中で)最後にみんなで星空を見上げた時に、きっとお客さまも一緒に同じ気持ちになって、希望や暖かいものを持って帰っていただける舞台になっていると思いますので、たくさんの方に観てもらいたいです」、「ロケットボーイズ」のクエンティン役の福崎は「僕はすごく勇気をもらった作品なので、皆さまにも勇気を与えられる作品になったらいいなと思いながら演じたいと思います。」と思いを語った。

_AI_5213ss


また、ホーマーのガールフレンド、ドロシー役の中村は「顔合わせから今日この日を迎えるまでが毎日、あっという間で、すごく濃い毎日を過ごすことができたので、その中で学んできたことを生かしてお客さまに届けられるように精一杯頑張っていきたいと思います」と意気込み、「ロケットボーイズ」をサポートする科学の先生、ミス・ライリー役の夢咲は「無事に初日の幕が開いて、お客さまと一緒にこの作品を共有できることを楽しみにしています。そのためにも、舞台稽古も、自分と向き合い、皆さんと向き合いながら大切な時間にしたいと思っております」とコメントした。

_AI_5316ss

_AI_4736ss


劇中では、「ロケットボーイズ」として、仲間とともに夢に邁進する役どころを演じる、甲斐と阿部と井澤と福崎。甲斐は、「楽屋で4人でタピオカを飲むくらい仲良くなりました。“タピオカボーイズ”です」と笑顔で明かした。


さらに、「演出の板垣(恭一)さんが、『僕の演出する舞台は、主役、脇役、アンサンブルという隔たりはなく、全員が見せ場を持って、そのシーンの主役であるべきだ』とおっしゃっていたのですが、まさに、稽古を通して、一人ひとりのキャラクターに個性があって、“主役の集まり”というカンパニーになったと思っています」と稽古場を振り返り、「観る方々も誰に感情移入してもきっと感動できるような作品になっています」とアピールした。

_AI_6342ss

ミュージカル「October Sky‐遠い空の向こうに‐」は、10月6日(水)~10月24日(日)に、Bunkamuraシアターコクーンで上演。

 

 

 

関連記事


Page Up