Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

“BIGBOSS”新庄剛志 スパイダーマン&ドクター・ストレンジ&父親にインスパイアされた特注スーツでド派手に登場!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』前夜祭スペシャルイベント

2022/1/6 22:27

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』前夜祭スペシャルイベント

_BBB6735-(002)

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が1月7日(金)に全国公開される。この度、前夜祭スペシャルイベントが開催され、本作の日本語吹替版で主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役の声優を務める榎木淳弥、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)に登場し、今回はユニバースを超えてスパイダーマンと再び戦うことになる敵・エレクトロの声優を7年ぶりに務める中村獅童が登壇。

ほかにも、実写だけではないスパイダーマンのユニバースを超えたゲストとして、アカデミー賞®長編アニメーション賞受賞し、2022年に続編公開も決定している『スパイダーマン:スパイダーバース』で主人公マイルス・モラレス/スパイダーマン役の声を演じる小野賢章、マイルスを導く別の次元のピーター・B・パーカー/スパイダーマンを演じる宮野真守という2人のスパイダーマン役声優も祝福に駆け付けた。

 

_BBB6500-(002)

さらに、大のスパイダーマンファンであるスペシャルゲスト “BIGBOSS”ことプロ野球・北海道日本ハムファイターズ新監督である新庄剛志が、今日のために特注で作られたド派手なスーツに身を包み華麗に登場。今日のために鍛えてきたという新庄は登壇するやいなや、「小さい頃からキングコング、仮面ライダー、スパイダーマンに憧れていたから今日はとても嬉しい!」と笑顔を見せた。すでに作品を観たという新庄は、本作について「プロ野球でいうオールスターズの集まったような作品」と語ると、「スパイダーマンがニューヨークでスイングするシーンに、昔住んでいた家が映って『俺の家ー!』ってなって」とさらなるサプライズがあったことを明かした。

 

_BBB6542-(002)

スパイダーマン愛に溢れる登壇者たちだが、ここでそれぞれにスパイダーマンの好きなところは?という質問が。新庄は「ちょっとだらしなさそうなんだけど、ヒーローになれるっていうところがちっちゃい時から大好きでしたね」とコメントすると、中村も「(新庄)監督と同じになりますが、正統派じゃないところがいいですよね」と同意。榎木は「敵を出来るだけ傷つけない、優しいところ」、小野は「悩んだり、葛藤があるところがいいですよね。ピーターに親近感がわいて好きになります」と等身大で誰にとっても“親愛なる隣人”であるスパイダーマンの魅力を語った。宮野は「敵役もただ悪なのではなく、それぞれの理由やポリシーがあったうえで変わっていく「正しさ」があるのが最高です」と、スパイダーマンだけでなく、登場するそれぞれのヴィランの魅力についても言及し、それぞれがスパイダーマンというヒーローや作品についての魅力を存分に語った。

最後に「本当に素晴らしい作品になっていますので、劇場に足を運んでいただいて、楽しんで頂ければと思います」といった榎木からの挨拶をはじめ、新庄からも「We love スパイダーマン!僕はあと4回見に行く予定なので、競争しましょう。みんなは5回以上観てくださいね!スパイダーマン 愛してるよ!」と盛大なラブコールが送られ、レッドカーペットイベントの幕が閉じた。

 

_AAA2272-(002)

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 (原題:Spider-Man: No Way Home)
2022年1月7日(金)全国の映画館にて公開
監督:ジョン・ワッツ 脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ 製作:ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル
出演:トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ、ウィレム・デフォー、ジェイミー・フォックス
日本語吹替版声優:榎木淳弥、銀河万丈、山路和弘、中村獅童、三上哲など
映画予告編: :https://youtu.be/-XT5bbq6CU4
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

関連記事


Page Up