Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『お月さまへようこそ』 小日向星一&大久保祥太郎&納谷健&久保田秀敏インタビュー!! 「“奇跡”を目の当たりにできる」詩情に溢れた作品

2022/7/26 20:30

取材/RanRanEntertainment  撮影/永石勝

パルテノン多摩リニューアル企画『お月さまへようこそ』が、7月28日(木)~31日(日)に、パルテノン多摩大ホールで上演される。

本作は、ジョン・パトリック・シャンリィの短編6篇からなる、詩情に満ちた心に響く作品。6名の俳優が、「赤いコート」「どん底」「星降る夜に出かけよう」「西部劇」「喜びの孤独な衝動」「お月さまへようこそ」の各役を複数演じる。演出は、ミュージカル『マタ・ハリ』や『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』で注目された石丸さち子が担当する。

開幕を直前に控え、本作に出演する小日向星一、大久保祥太郎、納谷健、久保田秀敏が取材に応じ、公演への意気込みを語った。

 

全体写真小日向大久保納谷久保田

左から:小日向星一、大久保祥太郎、納谷健、久保田秀敏

 

――脚本を読んで、本作のどんなところが魅力だと思いますか?

小日向:登場人物たちが抱えている孤独や愛や想いが、ジョン・パトリック・シャンリィが紡ぐ詩情に溢れた言葉で美しく描かれています。大切にしたいと思えるような台詞がたくさん散りばめられています。

大久保:欠けているもの、満ち足りていないもので心がいっぱいになった時に起こる“奇跡”が本当にグッときます。

納谷:孤独の大きさと、そこに訪れる奇跡が、はじめからクライマックスのようなスピード感で展開されるので、お芝居を超えたリアルで演じて、奇跡を目の当たりにできるところが魅力だと感じています。

久保田:どの作品にも孤独や絶望を抱えた登場人物たちがいます。ですが、必ず光を見つけ希望を見出す姿があり、現代を生きる僕たちにももの凄く大きな力を与えてくれます。そこが魅力だと思います。

 

602_8656小日向s

 

――今回は、それぞれが複数の役柄を演じます。どんなところに難しさ、または楽しさを感じていますか?

小日向:短時間で役を演じ分けるのは大変ですが、全く別の役を次々に生きることができるのが楽しいです。それぞれの役を全くの別人に見せることに苦労していますが、その分やりがいもあります。

大久保:同じ作品で色々な役を演じることができるのは役者として嬉しく、楽しいですが、その分、集中力の維持や切り替えは大変ですね。

納谷:それぞれの話が根深い孤独を抱えた人物で進んでいくので、切り替えは大変ですが、想像力を最大限、自分が思うよりも拡大して“人間”を演じるのは楽しいです。

久保田:今作は短編集ということで通常の舞台のように時間をかけて1作品を上演するのとは違い、各短篇の限られたお話の中で、喜怒哀楽の機微を繊細且つ大胆にダイナミックに表現しなければならないところが難しくもあり楽しくもあるところですね。

 

602_7759大久保s

 

――お稽古場の雰囲気や、稽古場で印象に残っている出来事を教えてください。

小日向:皆さんの熱意に満ち満ちた稽古場です。石丸さんが発声の基礎から丁寧に教えてくださった日がありました。声帯や横隔膜の使い方などを教わりました。とても勉強になり面白かったです。

大久保:出演者が6人しかいないので、毎日、濃密な稽古をしています。役を深めるために役の人物として自己紹介をするという稽古があったのですが、今、それがとても活きていると思います。

納谷:全員が本気で向き合っているだけあって、和気あいあいと作り上げている時もあれば、苦しんだり、檄が飛ぶ時もあり、濃密な稽古になりました。

久保田:稽古が始まった瞬間から終わる瞬間まで常に緊張の糸が張り詰めている現場ですね。それはいい意味で作品をより高みへと昇華してくれます。「喜びの孤独な衝動」では相手役の納谷健に掴み掛かられるシーンがあるんですけど、熱が入り過ぎて服と一緒に僕の肉も掴んで、よく痣になっていたのはいい想い出です。本人には言っていません。

 

602_7602納谷s

 

――石丸さんの演出で印象に残っていることは?

小日向:自分の言いやすい台詞回しや楽な動き方をしていた時にそれを指摘していただき、「お芝居をするのではなく役を生きなさい」という石丸さんの言葉が深く突き刺さりました。これから先も肝に銘じて忘れないでいようと思いました。

大久保:全てが身になる稽古でしたが、「どん底」という作品の稽古をしていたときに「芸術家であることに向き合う」という言葉をいただき、演じている詩人としても、ひとりの役者としてもハッとしました。

納谷:全てが力強く身に刻まれているので、何がというわけではありませんが…自分の至らなさを感じた稽古でした。“真剣に”“本気で”の本当の意味をお芝居の中で叩き込んでいただきました。

久保田:『感情表現』をするのではない。その時、その場で、その人物が“どう思ったのか”を提示する。ということを常々言っていましたね。全くその通りで、役者は自分の気持ちいいポジションとリズムを作りがち。ですが、それだと『段取り芝居』になりその場を“生きている”ことにはならないのです。

 

602_7872久保田s

 

――最後に、本作への意気込みや、公演を楽しみにされている方にメッセージを。

小日向:観てくださった方々の心にきっと優しく寄り添う作品です。しっかりとお届けできるよう座組の皆さまと一丸となって頑張ります。ピカピカな劇場でお待ちしております!

大久保:思い通りに人と触れ合うことのできないこんな時代だからこそ、上演する意味のある戯曲だと思います。リニューアルオープンされたピカピカのまっさらな劇場でぜひご覧ください。

納谷:俳優6人がさまざまな作品を多様なカタチで演じています。この時代に生きる糧を、さまざまなメッセージで伝えてくれる作品です。魂を燃やして生きる姿を、ぜひ劇場でお楽しみに!!

久保田:世の情勢はまた一段と厳しくなっていて、公演を打てるかどうか毎日ビクビクしています。ただでさえ4公演しかない作品なので、その奇跡に掛けて皆様に素敵な作品を届けるべく、最後までより深みを探っていきたいと思います。劇場でお会い出来ることを楽しみにしております。

 

パルテノン多摩リニューアルオープン企画『お月さまへようこそ』
作:ジョン・パトリック・シャンリィ
翻訳:鈴木小百合
演出:石丸さち子
出演:小日向星一 南沢奈央 大久保祥太郎 納谷健 久保田秀敏 大空ゆうひ
公演日程:2022年7月28日(木)~31日(日)  パルテノン多摩 大ホール
チケット料金:A席:8,000円 B席:7,000円(全関指定・税込) ※未就学児入場不可
公式サイト https://www.parthenon-renewalopen.jp/moon

【配役・組み合わせ表】
■7/28(木)19時、7/30(土)14時公演
「赤いコート」
・納谷健、南沢奈央
「どん底」
・大空ゆうひ、大久保祥太郎、久保田秀敏、納谷健
「星降る夜に出かけよう」
・大空ゆうひ、小日向星一、大久保祥太郎、納谷健、久保田秀敏、南沢奈央
「西部劇」
・大久保祥太郎、南沢奈央、大空ゆうひ、久保田秀敏、小日向星一
「喜びの孤独な衝動」※2チーム連続上演
大久保祥太郎、小日向星一、南沢奈央
久保田秀敏、納谷健、南沢奈央
「お月さまへようこそ」
・納谷健、久保田秀敏、大空ゆうひ、小日向星一、南沢奈央

■7/29(金)15時、7/31(日)14時公演
「赤いコート」
・小日向星一、南沢奈央
「どん底」
・大空ゆうひ、大久保祥太郎、久保田秀敏、納谷健
「星降る夜に出かけよう」
・南沢奈央、久保田秀敏、小日向星一、大久保祥太郎、納谷健
「西部劇」
・納谷健、南沢奈央、大空ゆうひ、久保田秀敏、小日向星一
「喜びの孤独な衝動」※2チーム連続上演
大久保祥太郎、小日向星一、南沢奈央
久保田秀敏、納谷健、南沢奈央
「お月さまへようこそ」
・納谷健、久保田秀敏、大空ゆうひ、小日向星一、南沢奈央
全公演回、すべてのキャストが出演します。

関連記事


Page Up