Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

出演者変更しました!パク・ジョンミン、 ZE:A、 小室哲哉ら 日韓アーティスト集結、国連UN-OHRLLS・国連の友Friend’s Whistle! Act for Tomorrow! Vol.2 開催決定!

2011/7/1 05:59

 

  

日韓アーティストが集結、第二弾開催決定!

国連UN-OHRLLS・国連の友 Friend’s Whistle! Act for Tomorrow! Vol.2

 7月18日(月・祝)、東京国際フォーラムにて開催!!

 


2011年7月18日(祝・月)
開場16:30 開演17:30

 


MEGARYU/TSUYOSHI/moumoon/JUNO/小室哲哉/パク・ジョンミン/ZE:A/SHU-I

※今回出演予定でしたT-maxはアーティストサイドのスケジュールの都合により
 
急遽キャンセルとなりました。


 

  アジア太平洋地区を活動拠点とする特別非営利活動法人「国連の友Asia-Pacific」が、東日本大震災被災者の「心のケア」のために開始した“Friend’s Whistle!”(トモダチの笛)プロジェクト。

このプロジェクトは、東日本大震災被災者の方々に少しでも多くの“Friend‘s Whistle!”をお配りすると共に「音楽を聴く・奏でる」ためのCDプレーヤー、携帯音楽プレーヤー、楽器などの寄付を募っていく活動です。

4月29日にパシフィコ横浜で行われたキックオフイベントでは、趣旨に賛同したアーティスト達が最高のステージパフォーマンスを披露。更にボランティアとともに募金活動を展開し、来場者からの楽器などの寄付を通して音楽のチカラの素晴らしさを全員で再認識できる感動的なイベントとなりました。

今回7月18日に東京国際フォーラムで行われる第2弾コンサートでは、キックオフにも参加したパク・ジョンミン、小室哲哉の他、moumoon、MEGARYU、TSUYOSHIに加え、韓国からZE:A、JUNO、SHU-Iの参加も決定しました。

賛同アーティストたちが音楽と歌の持つ力を信じ、皆と心と力を一つにすべく、思いをこめたパフォーマンスを披露します!

<イベント概要>
タイトル: 国連UN-OHRLLS・国連の友Friend‘s Whistle Act for Tomorrow! Vol.2

2011年7月18日(祝・月)
開場16:30 開演17:30

実施日時および参加アーティスト(予定):
JUNO/moumoon/小室哲哉/MEGARYU/TSUYOSHI
パク・ジョンミン/ZE:A/SHU-I
会場: 東京国際フォーラムホールA
主催: 国連UN-OHRLLS
国連の友Asia Pacific Friend’s Whistle! Act for Tomorrowプロジェクト実行委員会事務局
共催: 国連UN-OHRLLS/国連の友Asia Pacific/TOKYO FM/ヤマハエーアンドアール
後援: 世界連邦運動協会(Youth Forum) /FOUNAP/オリコン
特別後援: マザーズハートプロジェクト(予防医学・代替医療振興協会/日本医療紹介機構/日本医学交洿協会医療団/アジア医療奉仕団/日本栄養補助食品科学検定協会/ストリートチルドレン支援会)/マザーズハート財団
協力: ELLE/ELLE girl
賛同企業: 株式会社ファミリーマート/シダックス・コミュニティー株式会社/LIVE DAM

一般発売日: 2011年7月10日(日)
※ Friend’s Whistle! プロジェクトは、電通ヤング・アンド・ルビカム株式会社のプロジェクトコーディネートにより推進されています。
※当日は支援募金へのご協力をお願いすると共に、「音楽を聴く・奏でる」ためのCDプレーヤー、携帯音楽プレーヤー、楽器などの寄付を募ります。募金全額は、国連の友が被災地で“Friend‘s Whistle!”(トモダチの笛)を配布する活動資金とする
共に、ご寄付いただいた音楽プレーヤーや楽器なども、被災地へ届けます。
※国連の友は国連UN-OHRLLSの活動を支援しております。

  イベント告知サイト: http://www.yamaha-ar.co.jp/fw2011/
“Friend’s Whistle! Act for Tomorrow!”公式サイト: http://www.friends-w.jp/

  

  

< 『国連高等代表事務所』UN-OHRLLS >
国連UN-OHRLLSは、国連事務局であり、事務局の中で最多の担当国を有しています。現在、ニューヨーク国連本部に後発開発途上国(LDC)48か国・内陸開発途上国(LLDC)31か国・小島嶼開発途上国(SIDS)38か国を管轄する高等代表事務所が設置されています。

< 『国連の友』Friends of the United Nations >
1985年にアメリカ合衆国ニューヨークで設立された『国連の友』は、多くの個人・団体が国連が提唱する目標達成に貢献できる為に、国連の理念・活動の重要性を拡く一般に知らしめ、国連とメディアとの関係構築、出版物の制作、高校・大学への教育プログラムの構築等、幅広く広報・啓蒙活動、並びに平和・環境・人権の分野において様々な活動を続けている国連本部承認のNGO機関です。

<『国連の友Asia-Pacific』Friends of the United Nations Asia-Pacific >
2008年、特定非営利活動法人として認証され、アジア(西アジアを含む)太平洋地区を活動拠点としています。国連の理念・活動をメディアやエンターティンメント業界と連携し、アジア諸国の団体・個人との相互理解と協力関係を促進し、平和・環境・人権等の分野に関する事業を行い、地球規模での問題解決に貢献、寄与することを目的として活動しています。

  

★出演アーティスト

JUNO



ジュンスの双子の兄ということもあり、そのルックスからは弟の面影を感じさせつつも、188cmという高身長、野球選手として培ったプロポーションで、弟とは一線を画した魅力を放つ。韓国で番組出演やCMモデルとしても活躍し話題を集める。2010年中国にて正式に芸能界デビュー。中国歌謡界では「2009年勁歌王世界華人楽壇年度総授賞式」にて新人賞を獲得。 2011年8月3日、日本音楽シーンにおいてオリジナル楽曲でエイベックスより正式デビュー。今夏には、幻冬舎より早くも写真集の発売が決定。 未だ続く日本の“K-POPブーム”に新たな旋風を巻き起こす。
http://rhythmzone.net/juno/

  

moumoon
Vo,YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジの聞いた唯一無二の歌声と、Gt,柾が創造する印象的なメロディーが見事にマッチし、繊細且つ大胆なアレンジが施された楽曲は、月の満ち欠けにもにた様々な表情を見せ、聴き手を柔らかく包み込む。「Sunshine Gril」がレコチョク着うたフル®7月度月間ランキング1位を獲得。7月発売のミニアルバム「SPARK」ではオリコンウィークリー7位とmoumoon史上最高位を更新。9月末からはYUKA(vo.) が初出演したイオン•満月ロゼのCMが新曲「moonlight」と共にオンエア中。
http://www.moumoon.com/

  

小室哲哉
83年、宇都宮隆、木根尚登とTM NETWORK(のちのTMN)を結成、84年に「金曜日のライオン」でデビュー。同ユニットのリーダーとして、早くからその音楽的才能を開花。93年にtrfを手がけたことがきっかけで、一気にプロデューサーとしてブレイク、篠原涼子、安室奈美恵、華原朋美、H Jungle With t、globeなど、自身が手がけたアーティストが次々にミリオンヒット。2010年、作曲家としての活動を再開。AAA、森進一、超新星、SMAP、北乃きい、浜崎あゆみ、やしきたかじん、坂本美雨、DiVA、観月ありさなど、幅広いアーティストに楽曲を提供している。また2011年5月4日には、22年振りとなる本人名義でのオリジナルソロアルバム『Digitalian is eating breakfast 2』をリリース。
http://www.avexnet.or.jp/tk/

  

MEGARYU
岐阜県出身在住の2人組で紡ぎ出す美しいメロディラインと絶妙なコーラスアレンジが織り成すハーモーニーワークが魅力のボーカルRYU REXと低く野太い声に正義感溢れるメッセージを込める熱血ライマーのMEGA HORN。唯一無二、奇跡のコ
ンビネーションを武器に、J-POPシーンに新風を巻き起こし続ける2人組のレゲエユニット。2011年には結成11年!!2011年4月23日には「言えなかった「ありがとう」」をリリースし、7月20日にはオリジナルアルバム「メガトンチョップ」をリリース。
http://avexnet.or.jp/megaryu/index.html

  

TSUYOSHI
地元である名古屋市内のライブ・ハウスを中心に活動後東京に活動拠点を移し、麻布十番にあった伝説的なスタジオ「Flash Light Studio」で、デビュー前のAI、SOUL’d OUTらと共にデモ制作に励む。後の2005年にはBENNIE KSOUL’dOUT、2BACKKAの作品にゲスト参加。2008 年メジャーデビュー。リード楽曲「優しい涙」が“iTunes Store” にてNe-Yo 、USHER らと並び、R&B/ ソウルカテゴリー最高3位にチャートイン。その美声を武器に今最も活躍が期待されているR&B シンガー。1st フル・アルバム「ALL ABOUT LOVE」を2011年3 月にリリース。
http://tsuyoshi-music.com/ 

  

  

 

パク・ジョンミン

SS501のメンバーとして2005年6月韓国にてデビュー。アジア全域で活躍。2010年9月、堪能な日本語を活かし日本でのソロ活動をスタート。韓国のみならず、台湾、シンガポール、香港でも絶大なる人気を誇る。2011年に韓国にリリースの初ソロシングル「NOT ALONE」はアジア圏統合レコードチャート「五大金榜」「ポコライ(博客来)」で堂々の1位を獲得。韓国音楽チャート「MelOn」音楽部門1位獲得、韓国大手CDチェーン「YES24」では発売と同時に売上1位を記録するという快挙を果たす。2011年5月には日本でソロミニアルバム「WaraWara THE, PARK JUN MING」を発売、「SS501のパク・ジョンミン」ではなく、「パク・ジョンミン」そのままの魅力を伝え、アーティストとして新たな一歩を踏み出した。
http://www.parkjungmin.jp/profile/profile.asp

 

ZE:A


2006年から約100回の全国ツアー(ゲリラコンサート)とともに3枚のシングル<Nativity><Leap For Detonation><LevelUp>をリリース。CMや雑誌、ファッションを始め、日本、タイ、台湾、香港など多くのアジアの国々で注目を浴びている。明るさ、かわいさ、やさしさ、そしておしゃれな9人9色の魅力を持ったK-POP界の話題のアイドルグループ。
http://www.zea-japan.com/

 

SHU-I
既存の韓国人アイドルグループとは一線を画す5 人組の次世代ダンスボーカルアイドルグループ。韓国で2009 年にデビュー。日本での活動を視野に入れ、2010年5月に来日。”日本発・会えるチワワ系韓国アイドル”として親しみやすいキャラクターが日本の韓流ファンの間で話題。
http://shu-i.jp/prof/index.html

関連記事


Page Up