イ・ビョンホン、映画『王になった男』大ヒット祈願押印式!岩下志麻もビョンホンを絶賛!

2013/1/31 05:09

1月29日、新宿バルト9で行われた、映画『王になった男』のジャパンプレミアの舞台挨拶の後に、同じ劇場内のスターステージに場所を変え“大ヒット祈願押印式”が行われた。会場は、高い場所に位置するバルコニー状になったステージ。イ・ビョンホンが登場し、らせん階段を数段下りて見上げるファンに近づくと、黄色い声が響きわたり、ファンたちは大興奮。その声援に「毎日毎日、僕の胸を熱くしてくれてありがとうございます。」と笑顔で応えたビョンホン。さらに、イ・ビョンホンの大ファンだと公言する女優の岩下志麻が応援に駆けつけた。

9J9A2871-2のコピー
艶やかな着物姿で登場し、大きな花束を手渡した岩下志麻は、「映画を拝見しましたが、一人二役の演技が素晴らしかったです。感動しました。」と絶賛し、「ファンになったきっかけは、ドラマ『オールイン』を観て。ほとんどの作品は観ております。イ・ビョンホンさんは、かっこよくてチャーミングでステキ。役作りの姿勢もすごくて、どの作品を見ても、役と本人が一体化していて本当に感心いたします。」とベタ褒め。

その言葉を受け、ビョンホンは、「本当に素晴らしい女優さんで、先輩の岩下さんにほめて頂いてとてもうれしいです。身の置き所がない気持ちです。」と、恐縮しきりの様子。

 9J9A2888-2のコピー
いつか共演することがあったら?と問われると、「イ・ビョンホンさんは、御曹司の息子で屈折していて・・・私は韓国で事業する女社長。そこでミステリアスな出来事が起きて・・・。そんなミステリーがいいですね。」とアイデアを出す岩下志麻。それに対し、ビョンホンは、「2人とも日本と韓国の武芸の達人という設定は?」などと、トークに華を咲かせた。

9J9A2986-2のコピー
 

最後に、二人で『影武者 真の王となる―』と書かれたボードに押印し、大ヒットを願った。「皆さんの熱い応援に応えられる作品。怖くないし、安心してお勧めできるので、周りの人たちにもぜひ宣伝して楽しく観て下さい。」と挨拶すると集まったファンたちから大歓声と温かい握手が送られた。

9J9A3021-2のコピー
また、その後、囲み取材を行った岩下志麻は、実は、『オールイン』を観るように勧めてくれたのは、ご主人の映画監督の篠田正浩氏だと明かし、「20代のころは、アランドロンのファンでした。何十年ぶりのファンです。」とビョンホン話が止まらない。「いつか共演したいと、ずーっと思っています。」とニッコリ。「この映画は、本当に素晴らしい作品なので、ぜひ皆様、劇場に足を運んで下さい!」と力強くPRした。

9J9A3106-2のコピー
映画『王になった男』は、実在した朝鮮15代目の王・光海の秘密に迫る、史実にフィクションを取り混ぜた重厚な歴史大作。昨年9月に韓国で公開され1230万人を動員し、韓国映画歴代3位を記録した。イ・ビョンホンが、暴君として知られる朝鮮第十五代王・光海君(クァンヘグン)と、暗殺に怯える王の影武者となる心優しい道化師のハソンの二役を演じている。

9J9A3121-2のコピー
映画『王になった男』

2013年2月16日(土)より新宿バルト9、丸の内ルーブルほか全国ロードショー!

配給:CJ Entertainment Japan

公式サイト:http://becameking.jp/

 

関連記事


Page Up