Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キム・ナムギル、ソン・イェジン主演ドラマ「鮫」制作発表会開催!!

2013/5/23 01:14

5月21日、ソウル江南区にあるコンベンションセンター「ディアマン」にて、新しいKBS月火ドラマ「鮫」制作発表会が開かれ、主演のキム・ナムギル、ソン・イェジン、イ・ジョンギル、ハン・ソクチン、イ・ハニ、ナム・ボラ、イ・スヒョクが姿を現した。9J9A4245-2のコピードラマ「鮫」は、家族への復習のために地獄から這い上がりながら強者となって復活し、愛する人でさえも刃を向けなければならない冷徹な審判者となってしまうハン・イス(キム・ナムギル)の悲劇的な人生と、家族の醜悪な真実を暴かなければならない運命を抱えながら、二人の男を同時に愛さざるをえない検事チョ・ヘウの愛と情熱、真実と偽り、裏切りと信義に関するサスペンスラブストーリーである。

公益勤務要員の召集解除後初のドラマ復帰となるキム・ナムギルの作品であるということで、国内主要媒体はもとより海外媒体も多数集まり、中でも日本のキム・ナムギルファンたちが大勢駆けつけ、復帰作の門出を祝った。また会場前のロビーでは数多くのファンたちからの米花輪が送られていた。9J9A3866-2のコピー会場に登場したキム・ナムギルは、すっきりしたスーツ姿に前髪をアップにした姿で、ソン・イェジンはホワイトを貴重にし、胸元にブルーのアクセントをつけたさわやかなドレスで登場した。出演者たちの雰囲気はすでに賑やかで、会見前の控えのテーブルでは笑い声が耐えず、出演者一人一人がフォトウォールに立つたびに大歓声を送っていた。9J9A3883-2のコピー会見が始まりキム・ナムギルは「実は初の公式のドラマの作品になり、作家さんと監督さんお二人の魅力、そして前作の魅力に惹かれました。ソン・イェジンさんをはじめとして若手演技者たちと先輩演技者たちとの息のあった姿も期待して欲しいですし、「鮫」という作品に一生懸命がんばりたいと思っています」と初ドラマへの感想を伝えた。9J9A3910-2のコピーソン・イェジンは「検事の役は初めてですが、仕事というよりも個人的な初恋の人に対しての記憶を探っていく役割ですので複雑な感情面の演技が必要になってくると思っています」と伝えた。また約3年ぶりのドラマ演技ということで楽しい現場での雰囲気の中で演じていると伝えた。また、キム・ナムギルの印象については「ドラマでのイメージがあったのですが、実はとても明るくて面白い人。二人とも笑いのコードが似ています。撮影中もドラマの内容に比べていつもお互いどう笑わせようかと競い合っています(笑)」と伝えると、そばにいたキム・ナムギルも笑みを浮かべていた。9J9A3892-2のコピーイェジンについての印象についてキム・ナムギルは「3年前にCFで一緒になったことがありますが、以前と変わらず美しいですね。美しいと冷たいのではという先入観とは違い、とても気さくな方だと思いました」と伝えた。ハン・ソクチンは「僕もいたずら坊主とよく言われますが、彼は僕よりももっとウィットに飛んでいて面白いです」と出演者一人一人への感想を伝えた。9J9A3963-2のコピー9J9A3957-2のコピー9J9A3988-2のコピー9J9A3996-2のコピー9J9A4054-2のコピー9J9A4034-2のコピー9J9A3943-2のコピー9J9A4083-2のコピー9J9A4131-2のコピーラウンドインタビューでキム・ナムギルは「久しぶりの演技でカメラの前で台本を持ちながらどきどきしているとは思いもしなかったですね・・(笑)」と本音を語り、前作(「赤と黒」)を演じた時程の演技ができたらと語った。公益勤務要員の召集解除後再び演技ということで「演技はすればするほど伸びるといいますが、久しぶりにやってみるとなかなか大変です(笑)」と伝えながらも、イ・ハニが「それはとても謙遜で話していらっしゃるんですよ。本来は自分以外のキャラクターにまで神経を使い、これほど現場に真剣に取り組む俳優がどれほどいるだろうかと思わされました」と語るとキム・ナムギルがすかさず「そういう話はもっと大きな声で言ってください(笑)」と笑わせる場面も見られた。またキム・ナムギルは「以前に比べ、今は疲れて家に戻っても「とても幸せだ・・」と感じますね」とドラマ復帰に対する感想を伝えた。9J9A4263-2のコピーKBS「鮫」はドラマ「復活」「魔王」シリーズを作り上げてきたパク・チャノン監督とキム・ジウ脚本家の第3弾目の復讐劇で、最終版といわれている作品。 キム・ナムギルとソン・イェジンという二人の主人公を中心として若手俳優たちの新しい魅力と深い復讐と愛の物語をどのように伝えるかが期待される。韓国にて5月27日からスタートする。

 

 

 

関連記事


Page Up