NU’EST、『2013 NU’EST L.O.Λ.E TOUR in JAPAN』開催!日本のファンはかわいい!

2013/6/13 06:44

今、最も熱いボーイズグループNU’EST(ニューイースト)が、6月7日、東京・渋谷公会堂にて『2013 NU’EST L.O.Λ.E TOUR in JAPAN』を開催し、ファンを熱狂させた。DSC_8001のコピーニュー(NU)・エスタブリッシュ(Establish)・スタイル(Style)・テンポ(Tempo)の言葉を合わせ「音楽に合わせて新しいスタイルを作る」という意味を持ったNU’ESTは、2012年3月に韓国でデビュー。まさに、スタイリッシュな音楽と洗練されたルックスで、人気急上昇中。JR、Aron、Minhyun、Baekho、RENの個性あふれる魅力で幅広いファン層の心を掴む5人組ボーイズグループだ。DSC_8130のコピーオープニング映像が流れ、待ちに待ったNU’ESTが登場すると、会場を埋め尽くしたファンの大歓声が響きわたりいきなり総立ちに。「Establish Style Tempo (Intro)」のスタートで、会場は一気にヒートアップ。続けて「Action」「Hello Hello」を披露、キレのあるダンスと迫力の歌声で観客を魅了した。「ヨボセヨ」を切なく歌い上げれば、「Not Over You」でキュートにパフォーマンス。NU’ESTの世界に包まれ、会場が一体となって盛り上がった。DSC_8184のコピートークタイムでは、ステージ上のカリスマ的な表情とは一転、飾らない素顔を見せるメンバーたち。デビューして1年余りで日本ツアーを実現した今の気持ちを、「皆さんの熱い反応がすごく嬉しい。本当に楽しいです。」とJR。Baekhoは、「僕たちは、まだ正式に日本での活動をしているわけでもないのに、こんなにたくさんのお客様が来てくださって本当にありがとうございます。皆さん愛しています。」と、感謝の気持ちを伝えた。DSC_8238のコピー日本のファンの印象を尋ねられると「皆さん可愛いからドキドキします!」とAron。「日本のファンの皆さんは、ファッショナブルでカッコよくて可愛いです。」と笑顔を見せ、会場を見渡した。

また、3年近く合宿所で生活を共にしているメンバーたちのプライベートにも直撃!

Q:一番料理が上手なのは誰?

A:Aron。「得意料理はパスタ。今度機会があったら皆さんにも美味しいものを作ってあげますね~。」

Q:一番きれい好きは誰?

A:Minhyun。DSC_8152のコピーQ:では、逆に一番、整理整頓ができない人は?

A:Baekho。(ファンも一緒に答え、納得の様子(笑))

Q:休みの日、ゲームばかりしている人は?

A:JR。「JR君は、普段からゲームもアニメも好き。休みの日はゲームをして、アニメを見て寝て食べて・・・それだけしていますね(笑)」

Q:一番しっかりしている人は?

A:答えはバラバラ(笑)。

すると、Baekhoが「僕たちは、お互いがお互いを頼りにしているんですね。」と答えた。

中盤は、ソロ・ステージコーナーへ。Aronは軽快なラップを、Baekhoはバラード曲でその美声を響かせ、JRはダンスパフォーマンスでファンの目を釘付けに。MinhyunはEXILEの「道」を日本語で歌い拍手喝采を浴び、RENはDJに扮して登場。「ソリチルロー!(声を出せ~!)」と叫び、さらにファンを歓喜させ、それぞれ個々の魅力を余すことなく披露した。

さらに、スペシャルな抽選会も行われ、シャツや帽子などメンバーの私物や握手&写真撮影権がプレゼントされ、ライブだけではないファンとの触れ合いを大切にする彼ららしいイベントとなった。DSC_8262のコピー最後は「皆さんの愛が、いつの僕らの大きな力になります。最後まで楽しんで!」「今日は皆さんのおかげでとっても幸せでした。ありがとうございました。」「これからも、ずーっと僕たちの側にいて下さい。」「今日は僕にとって一生忘れられない日になると思います。」「ライブの準備をしながら辛いこともあったけど、皆さんに会えて大きな力をもらえました。」とファンに向けてメッセージを伝え、最高のパフォーマンスでステージを駆け抜けた。アンコールの「Beautiful Solo」「FACE」でボルテージは最高潮へ。会場の興奮はそのままに、熱いステージの幕を閉じた。

ライブの後は、ファンへの愛と感謝の気持ちを込めたハイタッチ会が行われ、さらに交流を深めた。

なお、9日にはZEPP名古屋にて1日2回公演を開催し大盛況に終えたNU’EST。成長著しいNU’ESTの、今後の活躍からますます目が離せそうにない。

 

関連記事


Page Up