Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新スーパーマン、ヘンリー・カビル登場!『マン・オブ・スティール』来日記者会見!

2013/9/1 01:54

新スーパーマンとして登場する注目の映画『マン・オブ・スティール』の記者会見が、8月22日、都内のホテルにて行われ、主演のヘンリー・カビル、監督のザック・スナイダー、制作のチャールズ・ローブンとデボラ・スナイダーが登壇した。

9J9A1567-2のコピー
すべてのヒーローの原点、それはスーパーマン!クラーク・ケントがどのような運命でスーパーマンになったのか、スーパーヒーローの誕生秘話が明かされる・・・夢のエンターテインメント超大作『マン・オブ・スティール』。すでに全世界43か国で公開され、初登場1位を獲得。現時点ですでに6億5000万ドルを超えるメガヒットを記録し、ケビン・コスナー、ラッセル・クロウなど豪華キャストの出演でも話題を集めている。

9J9A1458-2のコピー
前日のジャパン・プレミアで、初めて日本のファンと会ったヘンリー・カビルは、「素晴しい旅をさせてもらった。この作品に関わった全ての人たちと一緒に仕事をすることができて本当に楽しかったよ。(映画観た)日本の皆さんの反応を楽しみにしている。ぜひ楽しんで観てほしい」と少々緊張気味に語った。

9J9A1388-2のコピー
世界中で大ヒットを続けるこの作品について、チャールズ・ローブンは、「この作品を非常に誇りに思っている。アクション大作なのでスケール感もあるが、人間味のある感動的な物語になったことが成功した理由ではないだろうか」とコメント。作品の題名に“スーパーマン”という言葉を入れなかった意図を「とても有名なキャラクターなので、これまでのスーパーマンとは違うものだと主張したかった。新たにスタートするので、続編と思われないようにしたんだ」と伝えた。

9J9A1455のコピー
デボラ・スナイダーは「映画というのは、観客のために作られるもの。世界中の方々に観ていただけるのは本当に嬉しい。75年の歴史を持つ“スーパーマン”という映画だが、まだスーパーマンのことをよく知らない若い世代の人々にも楽しんでもらっていること、そのリアクションを見ることがとてもスリリング」と目を輝かせ、「1人の少年がどうしてヒーローになったのか、そのスーパーマンの人間性と成長の物語。今の時代にもヒーローや希望というものは、以前にも増して必要とされているのでは?」と大きく環境が変わった今でこそ観て欲しい作品だとPRした。

ザック・スナイダー監督は「僕もスーパーマンの大ファンなので、ヒットするかは考えずに自分が満足できる映画を作ろうと思った。世界中の皆さんにも喜んでもらって、こんなに嬉しいことはないね」と笑顔を見せた。

9J9A1505-2のコピー
本作品で、初の英国人スーパーマンとして大抜擢され、一躍トップ俳優となったヘンリー。「撮影期間も長く、色々な感情をもって臨むことができた。完成した作品を観て、自分自身がこんなに感動するとは思わなかった。これもザック監督のおかげだね」と作品に対する思いを語り、「この作品に出演したことで、自分の環境がドラマチックに変わったね。以前は必死で脚本を探して、オファーがきたら何でも引き受けていたんだけど、今は脚本が送られてきて自分から選べるようになった。街中でも声をかけられるようになったよ。気軽にスターバックスへ行けなくなったけどね(笑)」と率直な気持ちを明かした。

また、劇中で生みの親役ラッセル・クロウと育ての親役のケビン・コスナーと共演している。「何事にも変えられない特別な大変だった。彼らは完璧に役になりきる凄い俳優なんだ。おかげで自分は苦労なく演じることができたんだ」と振り返った。

今回のスーパーマンのコスチュームには、トレードマークの“赤いパンツ”がないことを追求されたザック監督は、「赤いパンツを履いて欲しかったの?」と会場の笑いを誘うも、「もちろん赤いパンツありも考えたよ。でもパンツのルーツを考えて、21世紀の今はもうビクトリア王朝時代のキャラクターはいらないんじゃないかと思ったんだ」と理由を説明。

9J9A1592-2のコピー
次回作のスーパーマンとバットマンの共演について、「DCコミックでは長い歴史があるこの2大ヒーローが映画で共演するのは凄いこと。今はキャラクターをよりリアルにする作業段階。バットマン役を誰が演じるかということだけど、オーランド・ブルームっていう噂だったんだね(笑)。へぇー、どうなるんだろうね。これ以上はまだ話せないんだ(笑)」とファンに期待を持たせた。

この日の会見には、”フリージャーナリスト”として女芸人の渡辺直美もスーパーマンのコスチューム姿で会見に出席。ヘンリー・カビルに「もし、スーパーマンのように空を飛べたら日本のどこへ行きたい?」と質問すると、「全国行きたいね。もし一カ所だけというなら、京都か富士山の頂上に行きたいね」と答え、渡辺直美の姿を見て「ファンタスティック!」と嬉しそうに笑った。

映画『マン・オブ・スティール』(3D/2D 字幕/吹替え同時公開)は、

8月30日より新宿ピカデリーほか全国ロードショー!!

★オフィシャルサイト: http://www.manofsteel.jp

 

関連記事


Page Up