Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パク・ジョンミン(SS501)が新曲リリース記念コンサート「Save Us Tonight」を昼夜開催。

2014/5/18 03:53

2014年5月11日(日)、SS501のメンバーであり、ソロ歌手としてその確かな歌唱力や魅力的なキャラクターとパフォーマンスでアジア全域でも人気絶大のパク・ジョンミンが、東京・品川プリンスホテル クラブeXにて、新曲リリース記念のコンサート「Save Us Tonight」と題して昼/夜の2公演を開催した。

DSC_7980 (3)-2
落とし気味の照明の中、開演前の会場に一歩足を踏み入れると、中央に円形のステージ、それを取り囲むようにドラムセットやキーボードなどの楽器がセッティングされ、BGMではジャズやピアノのメロディが流れて、とても落ち着いたオトナの雰囲気が漂っていた。

DSC_7981-2
ステージの360度すべてに客席があり、その席を埋めたファンがいったいどんなコンサートになるのか、期待で胸を膨らませて待っている中、照明が暗くなり、天井から吊り下げられたモニターに新曲「Save Us Tonight」のPVが流れ始めた。応援のグリーンのペンライトが揺れる中、PVに変わって生バンドのサウンドが鳴り響き、扉が開くと、本日の主役であるパク・ジョンミンが登場。二人のダンサーを従えて、なんと、歩いてステージへ向かった。突然、目の前に現れた白い衣装のパク・ジョンミンに会場はヒートアップ!

ぐるりと取り囲むファンのために、軽やかなステップで色んな方角に向きを変えながら、ポップな新曲「Save Us Tonight」を披露した。

DSC_7858-2
「みなさん、どうも~!パク・ジョンミンです~」元気よく挨拶すると「MCがいないので、ボク一人で進めますね。」すると、「ちょっと!ちょっと!」と慌ててMCの男性が登場。最初から笑いがこぼれる楽しいかけあいからスタートしたライブは、最後までたくさんの笑顔に溢れていた。

「円形のステージなので、もう一度みなさんに挨拶します。」と、各方角に向かって「ジョンミンでーす!イェ~イ!」と改めてご挨拶。「今日、ボクがバンドの名前をつけてみました。『OBバンド』です!」「OBはですね・・・・『オジサンバンド』のイニシャルです。OBバンドのみなさん、自己紹介お願いします。」

「(ジョンミンが)してくれるんじゃないの?」という声に「ボクの座右の銘は『自分のことは、自分でする』です。だから、お願いします。」

これには、OBバンドのみなさんも笑いながら従うしかなく、それぞれ自己紹介。バンドメンバーとの仲もかなり良好な様子。

DSC_7648-2
円形ステージでのライブについて感想を聞かれて、「すごく楽しいです。どんな角度から目を逸らしても・・・」と答えるジョンミンに思わず会場から笑いが。「逸らしてっていうのは合わせたくない時に使う言葉ですからね。」とMCがアドバイスすると、「目を外しても・・・」またまた笑いが。「どこに目線をやってもってことですね。」(MC)「どこに目線をやっても、ボクの家族と目が合ってホントに嬉しいです。」

今回リリースされたミニアルバムについては、「バラエティに富んでます。・・・お年頃なので、甘いLOVE、悲しいLOVE・・・。色んな恋を思って作りました。」

途中、その「恋」にちなんでの妄想タイムのコーナーもあった。抽選で選ばれた超々ラッキーなファン一人が、ライブが終わった後という設定で「ライブお疲れ様でした。とてもよかったです!また見に来ます」とセリフを言って、立ち去ろうとするのをジョンミンが引き止めて・・・・という、ファンであれば必ず妄想するであろうロマンチックなシチュエーション。座席の番号を呼ばれたファンは、驚きのあまり、息もできないような表情であったが、ジョンミンのリードで、それそれは甘い妄想の世界へ・・・。見守るファンからは「きゃー!」と悲鳴に近い歓声があがった。

DSC_8153-2
スタンドマイクでしっとりとバラードを歌ったり、イスを使ったり、目隠しをしたりのちょっぴり色っぽい雰囲気のパフォーマンスがあったり、パワフルなダンスと圧巻のボーカルを見せたりと、一時も目を離すことのできないほどの魅力的なライブで、冒頭の「Save Us Tonight」をはじめとする新曲6曲を含め、SS501のデビュー曲「警告」パク・ジョンミンとしての初ソロシングル曲「Not Alone」などアンコールまで全15曲を熱唱した。

夜公演では、また違うセットリストでのライブを披露し、それぞれに参加した数多くのファンを魅了した。

DSC_8149-2
<昼公演セットリスト>

M1 Save Us Tonight (新曲)

M2 警告(SS501)

M3 Not Alone(パク・ジョンミン)

M4 ハミョヌンアンデ(SS501)

M5 君色(パク・ジョンミン)

M6 あなた以外誰も抱きしめない(新曲)

M7 Beautiful(パク・ジョンミン)

M8 I Feel You(SHADOW LOVE)(新曲)

M9 Feel It(新曲)

M10 Tender(パク・ジョンミン)

M11 ふたり(新曲)

M12 Always and Forever(SS501)

M13 君は知ってる?~届かないメッセージ~(パク・ジョンミン)

M14 Save Us Tonight(K Ver.)(新曲)

M15 Wara Wara(パク・ジョンミン)

<夜公演セットリスト>

M1 あなた以外誰も抱きしめない(新曲)

M2 Save Us Tonight(新曲)

M3 警告(SS501) M4 Not Alone(パク・ジョンミン)

M5 君色(パク・ジョンミン)

M6 ナプニンガヨ(Only Me)(SS501)

M7 I Feel You(SHADOW LOVE)(新曲)

M8 Feel It(新曲)

M9 Tender(パク・ジョンミン)

M10 耳元へ(新曲)

M11永遠になるように(SS501)

M12 千年過ぎても(パク・ジョンミン)

M13 Beautiful(パク・ジョンミン)

M14 Wara Wara(パク・ジョンミン)

M15 Save Us Tonight(K Ver.)(新曲)

 

取材・記事 yuzu

 

 

 

関連記事


Page Up