Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ロック歌手チョン・ジュニョン2ndミニアルバム『TEEN AGER』リリース記念ショーケース開催!

2014/7/3 12:25

6月26日、ソウル永登浦区汝矣島にあるIFCモール汝矣島MPUBにて、ロック歌手チョン・ジュニョンの『2ndミニアルバム『TEEN AGER(ティーン・エイジャー)』出仕記念セミナー』と題したショーケースが開かれ、マスコミ関係者たちが訪れた。

4チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
韓国の有名オーディションプログラムである『スーパースターK4』(2012年)にてベスト3の座を獲得し、歌手としてデビューしたチョン・ジュニョンは、オーディションプログラム当時から俳優カン・ドンウォンを連想させるマスクで話題となり、その半面ユニークで個性的な性格とロック音楽にかける人並みならぬ情熱で常に注目されてきた。ケーブル放送局でのリアリティショー『BE STUPID』 をはじめとし、MBC『私たち結婚しました』など各種有名プログラムに出演。現在Mnet『Mカウントダウン』の司会、KBSバラエティ『1泊2日』のレギュラーなど多方面で活躍している。

3チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
昨年10月に1stアルバム『別れの10分前』発表後、深いロックバラードを披露し、音楽プログラムチャート1位候補にまで挙がった。またKBSドラマ『キレイな男』OSTやユンナとのデュエット曲なども発表している。

2チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
この日会場前には韓国、中国、日本のファンが合同で準備したプレゼントや米花輪、扇風機などが届けられていた。多くのマスコミ関係者が見守る中、ニューアルバムのタイトル曲のMVなどが公開。またMCによって紹介されたチョン・ジュニョンはスーツ姿の進入社員のコンセプトで登場し、プレゼンテーション形式で自身のニューアルバムについての説明をするという一風変わったショーケースが始まった。6曲全曲をチョン・ジュニョン自ら作曲したと語り、彼のアルバムに対する自身のほどを感じさせるプレゼンテーションの場となった。

その後、ステージでニューアルバムからタイトル曲である『TEENAGER(ティーン・エイジャー)』を含む3曲を披露し、変わらないロックスピリットを感じさせるステージを展開した。

10チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノ
記者会見がはじまり、チョン・ジュニョンは「1stアルバムのタイトル曲『別れの10分前』が皆さんに愛されましたが、個人的には残念だと思う部分もありました。1stで収録された6曲のそれぞれの特徴が違ったので、一貫的な感じを表現できませんでした」と話しながら「自分が歌いやすく、自身のボーカルの長所を生かせる曲が何かを自分自身がよく知っているので、今回のアルバムは全曲自作の曲にしました」と全曲を自ら作曲した理由を伝えた。また、1stアルバムから準備していた曲や新しく作った曲の中から今回のアルバム曲をセレクトしたことも伝えた。

6チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
曲作りに当たっては「早い曲は3時間出できた」と話し、忙しいスケジュールの合間を縫って、車の移動などの際に曲作りをしてきたことや、タイトル曲『 TEEN AGER』の作業に一番時間をかけたことも伝えた。タイトル曲にちなんで自身の10代のころについての質問では「遊んでましたね(笑)」といいながらも「勉強するタイプではなかったけど、音楽に対する情熱は18歳のころから生まれた」と伝えた。

7チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
8チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
9チ、チリソオ-2nd-mini-albumシ鍗ノタ
またチョン・ジュニョンは海外進出に関して聞かれ「やはりロックが認められ普及している日本にも進出してみたいですね」と豊富を語っていた。そして音楽プログラムにてもし1位になったらどんな公約をするか?と聞かれ「ステージでギターを壊します。安いギターをね(笑)」といって会場を沸かせる場面も見られた。

最後のフォトタイムでは、多様なポーズをとりながら会場を盛り上げていた。

一方、26日には韓国の音源サイトにて今回のアルバムが公開され、今後の音楽活動も活発化しそうだ。また新しくラジオのMCにも抜擢されたことも報告。ますます幅の広い活躍が期待される。

 

関連記事


Page Up