Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージシャン、ノ・ミヌが帰ってきた!ICON(アイコン) ZEPP TOUR開催!

2014/8/26 14:30

2014年8月18日(月)ZEPP DiverCityにて、ノ・ミヌが『ICON ZEPP ROUR 2014[ICONIC OH!DISCO]』と題したライブを開催し大勢の「患者」で会場が埋め尽くされた。

_MG_6119 サ郤サのコピー
X JAPANのYOSHIKIプロデュースとしても話題となったロックバンド「TRAX」のドラマーとして芸能界デビューし、ドラマ「パスタ」「フルハウスTAKE2」では俳優として人気を博したノ・ミヌ。その彼が昨年から“ICON”という名で活動し、その多才なキャラクターでファンを魅了。ミュージシャンとして舞台に立つ姿は普段の俳優の時とはまた違った人物に見えるが、自らをドSの「エロテロリスト」ファンを「患者」と呼んだり、当日のドレスコードはなんとメイド服!会場にはたくさんのメイド服姿の「患者」が大勢集まり、ライブ開始前から熱気が漂っていた。

_MG_6127 サ郤サのコピー
会場が暗くなり、映画仕立てのVTRがスタート。メイド服を来たミヌが女装し、「NORA」という女の子に変身した姿や、当日のバンドメンバーのDJ DISCOとドラマーMONSTERも出演する不思議な世界が展開。そして、スターウォーズのテーマ曲がエンドロールで流れ、スペースマウンテンさながらのレーザー光線のスペイシーな空間の中にICON(ノ・ミヌ)が登場。

_MG_7360 サ郤サのコピー
真っ赤なカラーのヘアに真っ白なタンクトップ姿のミヌがギターを弾きながら「ALIVE」を披露すると、一斉に赤いハート型のペンライトが揺れ、一瞬のうちにICONの世界へと引き込まれていった。ミヌの靴にはライトが埋め込まれていて、彼の動きにあわせて光が動くという凝った衣装。

曲の途中でスモークが上がり、ドラムとギターのハードコアなリズムに合わせ、まだ開始から30分も経っていないというのに会場は揺れんばかりの乗りとなっていた。

日本語が堪能なノ・ミヌ。今回もMCを全部日本語でこなした。

「ただいま!」という言葉をGACKTのモノマネで発音するとファンから「おかえり!」と何度も暖かい声援が聞こえた。最近はドラマ撮影で本当に忙しくて、睡眠時間が1~2時間しかなかったこと、そして昨日は大阪公演をしてきたが、今日の昼公演はとても熱いので嬉しいとまずは挨拶。

IMG_0296 サ郤サのコピー
その後立て続けにハードな曲を披露したが、その中でも特にディレイを駆使し、演奏した素晴らしいギターソロは素晴らしかった。

ライブ前半を締めくくるバラード曲「もっと遅くなる前」は日本公開された、映画『二度目の初恋!?が、やってきた』の挿入歌。最近公開されたので会場のファンに「もう見ましたか?」と感想を聞いてコミュニケーションを取る場面も。その際、「公開」という言葉がうまく言えずにファンと何度も「ホウカイ?コ?なんで皆、怒ってますか?」と掛け合いする様子は、微笑ましかった。

中盤では面白VTRが流され、まずはノ・ミヌとしてインタビューを受ける姿。

AVは見ますか?キスはどの方向からしますか?女性の好きな部位は?などのきわどい質問にドキドキしながら、かわいく答えるミヌの姿が映し出された。ところが「ちょっとトイレいってきていいですか?」とトイレに行くと急にICONの姿になり、先程のきわどいに質問に対して毒を吐く姿が映し出され、対比を楽しませた。

IMG_1004 サ郤サのコピー
VTRが終わるといよいよライブが後半へ突入。エロテロリストに変身したICON(ノ・ミヌ)が黒のタンクトップに黒のスリムパンツ、首にはチョーカー、ラメ入りの黒のシューズの衣装で頭にはウサギのカチューシャというブラックイメージで再登場。10曲目の

「JAM」では見事なチョッパー奏法のギターソロを披露した。

「BABY」では、もしかして歌詞を全部歌える患者いる?と会場のファンに聞くと手を挙げるファンが何名もいなくて、「嘘ついちゃダメだよ?マイク渡したら困ってるじゃない?」と煽る。それでも果敢に手を挙げるファンに向かって、舞台に上がるように促すICON。舞台に上がったファンを椅子に座らせ、肩を抱いたり、顔を寄せたりしながら恋人に囁くように歌いなんと、曲の最後にはおでこにキス!の大サービスも!会場からは羨ましそうな声が聞こえてきた。

IMG_1413 サ郤サのコピー
撮影が忙しいとコメントしていた韓国ドラマ「最高の結婚」の撮影現場の様子や、韓国で7月30日に公開になったばかりの映画「鳴梁(ミョンラン)ROARING CURRENTS」の舞台挨拶の様子がVTRで流れた後、ブラックスーツに着替えたICONが得意のピアノ演奏も含めアンコールまで全18曲を演奏した。「行かないで」は今回のドラマOSTの曲を自身が作曲したといういことで、日本のファンに初披露。とても悲しい別れの曲だと説明し、しっとりとハングルで熱唱し大盛況の中ライブは終了。

完璧なビジュアルと肉体美、そして確かな演奏技術とユーモアとセクシーさと、数えたらどれだけあるのかわからないほどの才能を持つノ・ミヌは、これからもますます活躍の場を広げて行くであろう。期待が膨らむ。

IMG_0364 サ郤サのコピー
IMG_4162 サ郤サのコピー
No  Min Woo(ノ・ミヌICON)昼の部セットリスト

☆ALIVE

☆SNAKE EYES

☆Crazy World

☆We Rock

☆もっと遅くなる前

☆Disco Solo

☆Roller Skate

☆YOLO

☆JAM

☆BABY

☆Piano solo

☆行かないで

☆HEAVEN

アンコール

☆白鳥の湖~DISCO YMCA

☆Heavy Rotation

☆Rock Star

ICON ZEPP TOUR2014[ICONIC OH!DISCO]

2014.8.18(月)Zepp DiverCity 昼公演15:00 夜公演19:00

 

取材:RanRan Entertainment

写真提供:キッズエンターティンメント

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up