Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キュジョンが東京でライブイベントを開催!待望のステージに、ファンは大興奮!

2015/9/17 06:31

2015.09.13 取材/RanRan Entertainment

SS501としての活動や、ドラマ、ミュージカルで活躍するキュジョンが、9月13日、東京・渋谷大和田さくらホールにて、ライブイベント「2015 Kyu Jong“Fall In Love With KYU”」を開催。歌にダンスにトークに、盛りだくさんの内容で、久しぶりのファンとの楽しい時間を過ごした。夜公演の模様をお届けします!

S_DSC01901a

『ホシゾラ』のメロディーとともに、キュジョンがステージに現れると、グリーンのペンライト一色の客席から大きな歓声が上がった。そんな客席のファンひとりひとりに語りかけるように歌う姿に、ファンの視線はすでにくぎ付け。続く『下手な告白』では、舞台の端から端まで移動し、声援に笑顔や手を振って応えるキュジョン。歌い終わると、「SS501のキラキラ光る、キュジョンです! 今日は公演に来てくださって、本当にありがとうございます」と挨拶。そのまま、「次の曲は皆さんが一緒に歌ってくれないと完成しません。皆さんOKですか?」と投げかけ、客席はそれに応える。そして会場がひとつになって『Get Ya’ Luv』へ。サビの部分はファンが完璧に歌い上げ、曲が終わると、「皆さん歌が上手ですね。みんなで一緒にデビューしましょう!」とファンを喜ばせていた。

S_DSC01879a

MCを交えてのトークでは、韓国でのデビューから10年、男らしさも増してきた彼だが、「今日から“かわいい”を担当します!」と宣言。かわいらしいポーズを色々と見せて「かわいい!」と次々に歓声が。日本デビューシングル『愛を描く』が7月21日にリリースされたばかりのキュジョン。「皆さんが期待してくださったので、いい結果を残すことができました」と喜びを語った。また、「今までと違った姿を皆さんにお見せしたいと思って準備をしてきた」という、今回のイベント。タイトルを“Fall In Love with KYU”にしたことについて、「日本デビューシングルが『愛を描く』で、“愛を描いた”ので、今度は“恋に落ちて”みたらどう?と思って決めました」と明かした。

S_DSC01918a

S_DSC02048a

ここからはトークとともに、SS501、ソロのナンバーから生ピアノ伴奏に乗せて歌声を披露。『警告』、『Love ya』、『僕の頭が悪くて』、『Yesterday』など、このライブのための特別なアレンジのメロディーに乗せたキュジョンの歌声にファンはうっとり。SS501のデビュー曲『警告』の自分のパートを今回歌うにあたり、改めてその良さに気づいたという。「僕のパートは、2分30秒後だったので、そんなことを考える暇がなかった」と、ダンスナンバーだったこの曲で、かなり踊った後に息切れしながら歌っていた当時の様子を実際に再現。キュジョンのパート中、他のメンバーは背中を向けて息切れしながら立っていた姿もやって見せて、当時を知るファンは大笑い。

S_DSC01944a

S_DSC02166a

キュジョン自身が出演したドラマ『S.O.S 私を助けて』のOSTから『あなたの日々に』をライブ初披露。この秋よりDATVでドラマが放送になることも発表された。実は、かっこいい演技ができない悩みがあると告白したキュジョン。「(SS501のリーダー、キム・)ヒョンジュン兄さんがやっているかっこいい役を真似して練習してみたんだけど…」と明かすと、その場の流れからキム・ヒョンジュンがかっこいいシーンで見せる、「ぼんやりとした目をして近づくとき」の表情を真似て見せると、この日一番の笑い声が会場中から巻き起こった。さらに、今年ミュージカル『愛は雨に乗って』に出演した際のエピソードでは、楽譜が読めないため、先生の真似をしながら、1音ずつ根気よく覚えていったそう。「そんな苦労の末に身につけた演奏なので今でも忘れていない」と、予定にはなかったが、ピアノを生演奏、劇中ナンバーもアカペラで披露した。

 S_DSC02172a

S_DSC02188a

今回、改めて聴いて感動し涙してまったという『Be A Star』のピアノバージョンを、思いを込めて歌い上げたキュジョンは、突如ステージに現れたSS501の他の4人のメンバーのお面をつけたダンサーとのダンスパフォーマンスへ。そのまま盛り上がったファンと、「写真を撮りましょう!」と、自らセルカ棒を使った写真タイム。さらに、「皆さんからいただいた愛にお返しするために真心込めて作った歌です」と、『君へ〜僕らのストーリー〜』。これまでの思いがあふれたのか、涙するキュジョンを、客席の温かい声援が包んでいった。「今回、皆さんに良いステージをみせるため、悩みに悩んでこのステージを準備しました。歌った曲がどれも短かったのが僕も皆さんにとっても残念でしたけど、次は一方的に皆さんに僕の歌をたっぷり聴いてもらいますから。トークなしで(笑)」と、また一緒に楽しい時間が過ごせることを約束。そして、韓国でのリリースも決まった『愛を描く』の韓国語ヴァージョンも初披露した。

S_DSC02151a

イベントの終盤は、ダンサーを交えたダンスナンバーを披露し、会場はさらにヒートアップ! 最後の挨拶では、先日起こった東日本の豪雨のニュースにも触れ、「早く日常を取り戻せるように、みんなで力を合わせて乗り越えていってほしい」とメッセージを残した。最後の曲は『Summer Love』。客席に降りて、ファンにマイクを向けて一緒に歌うなど、最後までファンとの時間を楽しんでいたキュジョン。最後には初のライブイベント成功を祝うケーキが登場し、会場全体でこの記念すべき日を祝った。その後、アンコールに応えて再登場し、SS501メドレーで公演は終了。楽しい時間を過ごした空間を離れがたいファンの姿が印象的だった。これまで以上に“恋に落ちる”に十分な、キュジョンのファンへの愛があふれるイベントだった

10月26日には、「愛を描くメイキングDVD +写真集」が発売。さらにこの秋には『S.O.S 私を助けて』がDATVで放送決定と、今後の日本での活躍にもますます期待したいところだ。

S_DSC02072a

 

<セットリスト>

SONG 1          ホシゾラ~下手な告白

SONG 2          Get Ya‘ Luv

SONG 3          警告 / Love ya

SONG 4          僕の頭が悪くて

SONG 5          Yesterday

SONG 6          あなたの日々に

SONG 7          ミュージカル

SONG 8          Be A Star

SONG 9          君へ~僕らのストーリー~

SONG 10         愛を描く

SONG 11         Yesterday

SONG 12         Wuss up

SONG 13         SS501メドレー DejaVu / U R Man / LOVE LIKE THIS

SONG 14         Summer Love

SONG 15         Kokoro / Distance~君とのキョリ / Lucky Days

 

関連記事


Page Up