Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

N.Flying日本デビューシングル「Knock Knock」発売記念インストアミニライブ&握手会を開催。隣にいてくれてありがとう!皆さんの心を「Knock Knock」します。

2016/2/12 07:53

2016.02.11 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

FTISLAND、CNBLUEの弟分ニュー・トレンド・バンド、韓国期待の新星、N.Flying(エヌフライング)が、2月10日に日本デビューシングル「Knock Knock」を発売。それを記念し翌日の11日には、タワーレコード渋谷店にて日本デビューシングル「Knock Knock」発売記念インストアミニライブ&握手会を開催し、2公演でのべ700人のファンとのふれあいを楽しんだ。

9J9A8692-2a

N.Flying(エヌフライング)は、韓国出身4ピースバンド。 スンヒョプ(Vo.G)

、グァンジン(B)、チャ・フン(G)、ジェヒョン(D)の4人で構成され、バンド名は”New Flying”、”Next Flying”の意味が込められている。2013年に日本でインディーズ活動後、2015年5月「ギガマッキョ」で韓国デビュー。そして、2016年2月10日、満を持して日本デビューシングル「Knock Knock」でメジャーデビューを果たした。

同シングルは、タワーレコード渋谷店デイリー総合チャート1位を獲得(2/9付)、また、タワーレコード全店総合シングルチャート3位にランクイン(2/9付)。さらに2月9日付のオリコン・デイリーCDシングルランキングにて初登場8位を記録するなど好調な滑り出しを見せた。

9J9A8505-2a

イベント会場には、N.Flyingをひと目見ようと朝から多くのファンが殺到。タワレコ渋谷店の階段には長蛇の列ができるほどの盛況ぶりを見せ、会場内はファンの熱気に包まれていた。

暗転したフロアに大きな歓声が沸く中、メンバーがステージに登場。1曲目は「ALL In」で幕開けし、オープニングからパワフルな演奏で駆けつけたファンをノックアウト!

ヴォーカル&ラップのスンヒョプは「メジャーデビューできたのはファンの皆さんのおかげです」と告げると、ベースのグァンジンも「ずっと隣にいてくれてありがとうございます」と感謝の意を示した。さらに、ドラムのジェヒョンが「今日の(会場の雰囲気が)インディーズの時と同じ感じです!皆さん、今日は僕たちと一緒に楽しんでください!」と呼びかけると、韓国デビュー曲の「ギガマッキョ」(Japanese Ver.)を繰り出してフロアをヒートアップさせた。

会場の熱気にスンヒョプは「いいね~!今日、雰囲気が本当に『ギガマッキョ』です!」。ギターのチャ・フンも「メンバー達もみんな楽しんでいるね」と最高潮に盛り上がった雰囲気のまま、メジャーデビュー曲「Knock Knock」へ突入。ヴォーカルのスンヒョプが拳を振り上げると、オーディエンスも手を振りかざし、アグレッシヴなナンバーに会場一体となって弾け飛んだ。

9J9A8728-2a9J9A8731-2a9J9A8744-2a9J9A8748-2a

鳴りやまないアンコールに応え、再びメンバーがステージに登場。グァンジンが「2013年から今まで、N.Flyingがいるのはファンの皆さんがいるから。昨日(2/10)、メジャーデビューしました。皆さんのおかげです。もっと頑張っていきますのでよろしくお願いします」とファンに呼びかけると、最後は「Kiss me Miss me」を熱唱。エネルギッシュなライブ運びで全4曲を披露し終始フロアを熱狂させた。

ライブ終了後はにこやかにフォトセッションに応じ、握手会でファンとの絆を深めたN.Flying。待望の日本メジャーデビューを果たし、音楽シーンの扉を「Knock」した彼らの今後の活躍に注目したい。

9J9A8724-2a

<セットリスト>

M1. ALL In

M 2. ギガマッキョ

M3. Knock Knock

EC. Kiss me Miss me

関連記事


Page Up