Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『グランドホテル』出演者囲み&舞台撮影会が行われた!<GREEN>と<RED>2つのチーム、どちらも見逃せない!

2016/4/8 02:44

2016.03.07  取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

4月9日(土)に開幕するミュージカル『グランドホテル』の出演者囲み会見と舞台撮影会が7日(木)赤坂ACTシアターにて行われた。

9J9A5613-2a

前列左より、真野恵里菜、伊礼彼方、草刈民代、成河、中川晃教、安寿ミラ、宮原浩暢[LE VELVETS]、昆夏美。

中央左より、佐山陽規、土居裕子、吉原光夫、戸井勝海、樹里咲穂、光枝明彦。

後列左より、湖月わたる、藤岡正明。

 

ミュージカル『グランドホテル』は、1920年代のベルリンを背景に「グランドホテル」に行きかう人々の人間模様を描いた群像劇。1989年にトミー・チューンの演出・振付でブロードウェイ初演、1990年度のトニー賞では5部門を受賞している大ヒットミュージカルだ。日本初演は1993年、演出・振付にトミー・チューンを迎え宝塚月組で上演されている。

今回の演出は、昨年ミュージカル『タイタニック』の新演出で深い感動を与えた演出のトム・サザーランド。ロンドンで上演したサザーランド版『グランドホテル』は、「2016年オフ・ウエストエンド・シアター・アワード」の最優秀ミュージカル作品賞と最優秀振付賞をダブル受賞したばかり。振付のリー・プラウド、音楽監督マイケル・ブラッドリーら来日クリエイターとともに、2つの異なる結末が用意されている<GREEN><RED>の2つのチーム(Wキャスト)の仕上がりに注目が集まっている。

舞台公開会に先駆けて出演者16人が囲み取材に参加。それぞれが演じる役柄について、作品の見どころを語った。

9J9A5625-2a9J9A5626-2a

重い病を患い、人生最後の日を豪華なグランドホテルで過ごそうとしている元会計士オットー・クリンゲライン役の中川<GREEN>は、「グランドホテルで残りの人生を生きたい、そして人生を探したい。ギラギラした光をまとっている、そんなクリンゲラインを生きられたらと思います。作品の端から端まで全部余すところ無く堪能して」。同じく成河<RED>は、「スピーディでアグレッシブなミュージカルになると思います。<RED><GREEN>のどちらも華やかできらびやかななかにも影がある作品。僕とアッキー(中川)が演じるクリンゲラインは哲学的なメッセージを背負ってホテルを出て行く、その部分にも注目してほしいと思います」

9J9A5634-2a9J9A5629-2a

かつて一世を風靡した引退間近のプリマバレリーナのエリザベータ・グリシンスカヤ役の安寿ミラ(GREEN)は、「年齢を重ねて来た今だからこそいただけたと思っています。人生に絶望したバレリーナ男爵と出会って生きる喜び、もう一度踊る喜びを取り戻す役を精一杯演じたい」。同じく草刈民代(RED)は、「バレリーナだったので、踊っていた頃の自分を思い出しながら、また今の年齢だからこそ出せるような恋などが盛り込まれていますので楽しみながら演じたいと思います」。

9J9A5737-2a9J9A5771-2a

若くハンサムで魅力的ながら、実は金が無くギャングによる取り立てから逃げている貴族、フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵役の宮原浩暢[LE VEILVETS]<GREEN>は、「僕自身初めてのミュージカルで、周りの先輩方にアドバイスをいただきました。常にスリルを楽しんで楽しく生きる男爵が、初めて真実の愛に気づくところ、歳の離れた女性との恋愛を楽しんでいただき、自分も恋をしたいと思ってもらえたら」。同じく伊礼彼方<RED>は、「グリシンスカヤとの恋をして、やっと出会えた一筋の光。それがどういう結末を迎えるか、2つの異なる結末を見届けてほしい」。

9J9A5785-2a

9J9A5811-2a

<GREEN><RED>の両チームに出演している、スペシャルダンサーの湖月わたるは、2つのチームそれぞれの特色について、「<RED>は大人の魅力というかすごくエネルギッシュで戦っている感じ、<GREEN>は穏やかななかにも、その底には情熱が流れているみたいな感じ」とそれぞれを評した。

9J9A5824-2a9J9A5831-2a

同じ楽屋を使っていることを明かした成河。この日楽屋で久しぶりに対面した中川と台本の話を始めたら話が止まらなくなってしまったというエピソードを披露し、「それぞれが分身としてこれから違いが出て行けば、2チームに分けた意味が出て来る。そういうことを楽しみたいと思う」と話すと、それを受けて中川は「千秋楽を迎えるまで、僕にとって<RED team>は気になる存在なんだと思う。そういうふうに思えるのは2つのチームで開幕するこの公演ならではのスペシャルな気持ちなのかなと思う。トムさんが日本で何を作りたかったのか、いまここで『グランドホテル』をやる意味は何なのかってことを僕たちは考えてきた。それをカンパニー一丸となってしっかりと伝えていきたい」と締めくくった。

9J9A5859-2a

会見後には、<RED team>のオープニングシーン「グランドパレード」の場面が公開された。重病に冒されたユダヤ人会計士、借金を抱えている男爵、ロシア人バレリーナ、タイピストと、華やかなホテルに集まる登場人物たちが抱える問題や事情が、さながらホテルの回転ドアのようなスピーディーな舞台転換の中で垣間見え、それぞれがこのあとどのように出会い、すれ違い、絡み合っていくのか、期待が高まるシーンだった。

9J9A5870-2a

ミュージカル『グランドホテル』は、4月9日(土)から24日(日)まで東京・赤坂ACTシアター、4月27日(水)・28日(木)愛知・愛知県芸術劇場大ホール、5月5日(木・祝)から8日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演される。

関連記事


Page Up