Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イ・ゴンミョンが1年ぶりの来日コンサート開催。新たな魅力発揮でファン大満足!

2016/6/10 12:01

2016.06.05 取材:記事/RanRan Entertainment

 

韓国ミュージカル俳優イ・ゴンミョンが、6月5日(日)、東京・CBGKシブゲキ!!で1年ぶりとなる夢友コンサート「Musical Show with イ・ゴンミョン」を開催した。

5a

「Musical Show with イ・ゴンミョン」は、昼と夜の内容を変え、昼の第1部はトークを中心に出演作の話にミュージカルナンバーを交えつつ韓国ミュージカル事情を語り、夜の第2部では歌を中心に最近の代表作『ミス・サイゴン』『ジャック・ザ・リッパー』『フランケンシュタイン』のミュージカルナンバーから、今後挑戦してみたいミュージカルの人気ナンバーなどを初披露した。作品を通して見る俳優イ・ゴンミョンの姿とはまた違った、新たな彼の一面を知る1日となった。

4a

2部のオープニングはミュージカル『フランケンシュタイン』のナンバー「偉大なる生命想像の歴史が始まる」から。で会場中を歌声で圧倒させたかと思えば、歌い終わると、「お元気ですか〜?」と客席に向かって呼びかけるパフォーマンスで空気を一気に和ませた。近年、『三銃士』『ジャック・ザ・リッパー』『HARU』などの韓国ミュージカルの日本公演に出演することが多い彼が、実は初めての来日公演は1998年の宣教公演だったということを明かし、「そこから始まり、これまで日本で何度も公演が出来て、そして今回のように自分の名前を掲げて公演することができて本当に光栄です」と伝えた。

その後も、日韓米の3カ国語で『ミス・サイゴン』から「神よ何故?」や、ファンが歌ってほしい曲ナンバー1の『ジャック・ザ・リッパー』から「灰色の都市」など、自らの出演作からのナンバーを雰囲気たっぷりに歌いあげたかと思えば、一転、パク・ヒョンビンの「シャバンシャバン」や、ファンに捧げる曲として、韓国ドラマ『美男ですね』から「相変わらず」、また、初挑戦曲として人気ミュージカル『エリザベート』のタイトルロールが歌う「私だけに」を披露し、女性ナンバーという意外な選曲で客席を驚かせた。他にも『モーツァルト!』の「僕こそ音楽」などでファンの耳を楽しませた。

3a

トークコーナーでは、日本で来年1月に上演される、韓国創作ミュージカル『フランケンシュタイン』日本版の話に。初演キャストとしてビクター・フランケンシュタイン博士役を演じている彼はとっておきの話を紹介。最初の本読みの段階でセリフを合わせた出演者たちは、2部の展開があまり良くなかったことをスタッフに正直に伝え、その後一緒に意見を出し合いながら大幅な修正を加えたのだという。客席でもすでにこの作品をソウルで観劇している者が多かったようで、「自分たちが観たあの作品にそんな裏話があったとは」と、関係者しか語れない製作裏話に、前のめりで聞き入っていた。さらに、稽古中からどうしてかわからないけれど突然涙があふれてしまうことがあり戸惑ったというエピソードも披露。今でも思い入れの深い作品であると明かした。

そして、再演でデビューし、一気に注目を集めている俳優チェ・ウヒョクが“『フランケンシュタイン』でのえイ・ゴンミョンの演技を見て”ミュージカル俳優を目指したというエピソードをMCから振られると、驚きながらも同じ舞台に立つことはできなかったが、今は後輩としてかわいがっていると教えてくれるなど、ミュージカル俳優として約20年のキャリアを持つ彼だからこそ語れる、率直なトークの数々に客席は大いに関心を寄せ、楽しんでいた様子だった。

1a

夜公演後にはマスコミへのインタビューに応じたイ・ゴンミョン。1年ぶりのコンサートの感想を、「楽しかったです。今回のコンサートを通して新しい自分を発見できました。準備は大変でしたが、公演後の握手会でのファンの皆さんの反応が良く嬉しかったです。とても満足しています」と笑顔を見せた。

2a

公演でも話があがった、来年1月に上演される韓国創作ミュージカル『フランケンシュタイン』日本版について聞かれると、「僕も出たかった !」と正直な思いを口にした。次に公演することがあれば、日本語のセリフの準備をしてぜひオーディションに臨みたいと語った。
今年9月京都、来年1月東京でミュージカル『インタビュー』の日本公演で来日予定だが、そのほかに日本で上演したらよい韓国の創作ミュージカルはあるか、という質問を受けると、「韓国の人気ミュージカルは日本で上演してもいい反応を得られるのではないでしょうか。その逆も含め、今後もっと増えたらうれしいです」。

『キム・ホヨンの手紙』a

夢友コンサートの次回公演は7月2日(土)、同劇場にて、「キム・ホヨンの手紙」。韓国ミュージカル界で活躍中のキム・ホヨンとミン・ウヒョクが出演する。1部と2部のコンセプトを変え、ファンがまだ知らない俳優たちの魅力を知るコンサートとなりそうだ。
チケットは6月10日より一般発売。
公式サイトでは先行チケットが発売中。1部、2部の両公演のセット券購入者を対象とした特別プレゼント付きチケットもあり。詳しくは夢友公式サイトまで。

夢友公式サイト>http://www.yumetomo.info

関連記事


Page Up