Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ「黄金色の私の人生」の放送記念イベントにパク・シフとイ・ギュボクが登壇!

2018/5/21 06:30

取材:記事/RanRanEntertainment
写真提供/MENTOR/KBS JAPAN 

現在KBS Worldで放送中のパク・シフ主演のドラマ「黄金色の私の人生」の放送記念イベントが4月20日、新宿文化センターホールにて行われ、主演のパク・シフが来日を果たした。イベント前に行われた記者会見と二部構成(昼公演「ドギョンとの出逢い」、夜公演「シフ‘sROOMへようこそ」)で行われた昼公演をリポート。

014A0884s

本作は、パク・シフが5年ぶりに出演する地上波ドラマ。韓国で最高視聴率47.5%、平均視聴率30%台を記録した大ヒットドラマ(2017年9月2日~2018年3月11日まで放送)。「2017年 KBS演技大賞」大賞、作家賞など5冠を受賞している。脚本は「いとしのソヨン」のソ・ヒョンギョン。「棚ぼたのあなた」のキム・ヒョンソク監督がメガホンを取った。

パク・ジフが演じるツンデレの財閥3世”ドギョン”と、運もお金もコネもない女”ジアン”(シン・ヘソン)が繰り広げるロマンスあり、家族愛ありのヒューマンラブストーリー。

014A0759s

イベント前に行われた記者会見に笑顔で臨んだパク・シフ。フォトセッションでは、花束贈呈に続いて、スカパー! の公式キャラクターである「スカッピー」と仲良く並んで2ショットを披露した。最高視聴率が47.7%とメガヒットを記録した本作で、パクは「監督さん、脚本家さんが素晴らしいので、期待はしていた」と充実の笑顔を見せた。

本作に出演することを決めた理由を聞かれたパクは、「以前出演したドラマ「検事プリンセス」で一緒に仕事をした脚本家のソ・ヒョンギョン作家からオファーがあり、ソ・ヒョンギョン作家を信じて脚本を読まないで引き受けた」と話す。

また、撮影時を振り返りパクは「撮影現場の雰囲気が良かった。また、最初から視聴率が良かったので、幸せな気持ちで9か月間キャストやスタッフたちと無事に撮影を終えることが出来た」とにっこり。苦労を聞かれると、「冬の撮影で寒いときがあった。スキー場での撮影は寒かったけれど、楽しかった。モニターをチェックしても幸せそうな自分が写っていて、それを見ながらやりがいを感じていた」と述懐していた。

014A1103s

そして、作品について聞かれたパクは「俳優が視聴率40%超えのドラマに出会うのは、俳優人生で1度あるかないかというぐらい難しいことなので、夢のように思っている。今回の出演でまさにタイトルのように『僕の黄金色の人生』が広がっていくような気分になった。幸せで楽しい撮影だった」と喜びを語った。

演じたドギョンについて、パクは「共通点は、一緒にいてラクな人といるとリラックスできるところかな。そういう人といると心の中まで見せることが出来る。例えば、ドギョンはユ秘書(イ・ギュボク)と一緒にいると、いたずらっ子の部分を見せたりする。親しくなった人には自分の全てを見せるというところが普段の僕と似ている」と話す。ドギョンとの相違点は、「ドギョンほど僕はお金持ちじゃないってことかな(笑)。それと、ドギョンは1人の女性のために尽くして、どこまでも追いかけるけれど、僕はそこまではしないと思う。でも、本当に愛する女性に巡り会えたら、ドギョンよりももっとすごいかもしれない(笑)。まだ出会ってはいませんが……」と楽しそうに語った。

014A1272s014A1343s

さらに、今後については「オファーしてくれる作品の中からフィーリングにあったもの、『出たいな』と思う作品に出たいと思う」と熱い意気込みを見せていた。

会見後のイベントでは、ステージにパクが登場すると会場は一気に興奮の渦中に。黄色い声援に手を振ってパクは、「以前『王女の男』で来日しました。今日はいい思い出を作って帰れるように一生懸命頑張ります!」とファンの声援に応えた。

パク・シフが演じるドギョンが物語の中から飛び出し、ドラマの見どころやベストシーンについてのトークを展開、さらに名シーンの再現をして観客をドラマの世界へと誘う構成にファンは大喜び。

ドラマの名シーンを見ながらパクはエピソードを語る。ドギョンがジアンの髪をなでるシーンでは「手がきれいに見えるようにローションをいっぱい塗りました」と話し、笑いを誘ったり、ドギョンとジアンの初めてのキスシーンでは「美しいシーンでしたね」と感想を述べ、「みんなで考えてドギョンがジアンの前にひざまづくシーンにしました」と説明した。撮影時のエピソードにファンは興味深く耳を傾けていた。

途中で、ユ秘書役を演じているイ・ギュボクがサプライズで登場して会場を沸かせた。会場の大声援にイは「今日のハイライトは僕だった!」と嬉しそうに笑顔を見せる。パクが「日本に一緒に行こう」と誘ったという。

014A1432s

昼・夜公演ともに、ゲームやプレゼントコーナー、○×クイズで最後に残ったファンとドラマのシーンを再現するコーナーやパクか絵を描いたり、歌を披露するコーナーもあり、ドラマの中のドギョンことパク・シフの魅力がギュッと詰まったイベントとなった。

「黄金色の私の人生<一挙放送>」 2018年5月16日(水)KBS Worldにて放送スタート!  毎週月~木 深夜3:10~5:30(2話連続放送)
 

 

関連記事


Page Up