三浦春馬・神木隆之介らもゲスト出演!『15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE 「JUMP↑ with YOU」』開催!イベントレポート

2020/2/17 18:29

取材:記事/RanRanEntertainment、写真提供/アミューズ

芸能事務所アミューズ所属の若手俳優によるファン感謝祭、通称「ハンサム」の15周年を記念したイベント「15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVEJUMPwith YOU』」が2020215日(土)16日(日)に東京・両国国技館で開催された。(各日2回、計4公演)

出演は石賀和輝、太田将熙、甲斐翔真、小関裕太、鈴木仁、田川隼嗣、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、正木郁、松岡広大(1618:00公演のみ出演)、三船海斗、渡邊圭祐。15th Anniversary Guestとして、215日(土)は、青柳塁斗、猪塚健太、植原卓也、風間由次郎、平間壮一、三浦春馬、水田航生、吉村卓也(19:00公演のみ)

216日(日)は青柳塁斗、猪塚健太、植原卓也、風間由次郎、神木隆之介、桜田通、松島庄汰、水田航生が出演。216日(日)1300から行われた公演リポートをお届けする。

M13_チームハンサムs

2005年から行われてきた「ハンサムライブ」史上最大規模の会場となる両国国技館。会場前は、大相撲が行われるかのように、ライブ出演者たちの名前が書かれた幟(のぼり)が立ち並び、熱気に包まれていた。

国技館内に入ると、出演者たち全員集合写真と直筆メッセージがファンを迎えてくれた。

客席のファンたちはペンライトを手に、ハンサムたちの登場を待っていた。そして、いよいよ開幕。オープニング映像が流れ、「Beautiful Stranger」の曲と共に彼らが現れるなり、全員スタンディング。一気にボルテージが上がった。黒に、スパンコールの入った衣装の12人。激しいダンスを踊りながら、続けて3曲を歌った。2曲目「THIS IS THE TIME」の時には、甲斐翔真の顔にも、小関裕太の顔にも、すでに汗が光っていた。しかし、息を乱すことなく、それぞれがソロパートを歌いきった。「Brand New World」を歌い終え、MC正木郁から「2年ぶりにハンサムライブが帰ってまいりました!ありがとうございます。」と挨拶。

国技館には枡席という、他の会場にはない、独特の呼び名がある。この呼び名をハンサムならではの呼び名で名付けよう!となり、「ます」に決定。そして、2階、ます、アリーナ、それぞれに向かって、声かけ。ファンたちも思いっきりの大声で応えた。

M3_チームハンサムs

 続いて、ハンサムたちが一人ずつ挨拶。

初参戦のメンバー、石賀和輝「みんなを汗びっしょりにさせますよ。どんどん盛り上がっていきましょう!」と声かけると、ファンたちは「イェーイ」と盛り上がった。続いて、

「鈴木仁です。最高の思い出にしましょう!よろしくお願いします」

「田川隼嗣です。最高に盛り上がっていきましょう」

「福崎那由他です。よろしくお願いします!」

「最高ですね。甲斐翔真です。みなさんついてきてください。」

「みなさんこんにちは。小関裕太です。15周年です。絶対に楽しませます。よろしく!」

「藤原大祐です。最年少16歳なんですけど、年齢に負けずぶっちぎっていきます。よろしくお願いします」

「みなさんこんにちは、細田佳央太です。3曲歌って、びしょびしょです。今日は雨が降っていて寒かったと思いますが、ここは今日日本一熱い場所にしましょう」

「三船海斗です。二日目も締まっていくぞ!」


渡邊圭祐:「いいこと思いついたのに、何を言うか忘れてしまった。とにかく、楽しんでいきましょう」
「太田将熙です。みなさん、ハンサム楽しみにしていましたか?僕たちに会いたかった人!」ファンは「はーい」太田「僕もすごく会いたかったです」会場からは悲鳴に似た叫び。
そして最後に、「MCを務めさせていただきます、正木郁です。みなさん楽しんでいってください」

M6_小関、甲斐sM7_鈴木、藤原、正木sM8_小関、三船、太田s

そして再び映像が流れ、キャメルのジャケット、白いシャツに赤いレジメンタルタイを締め、グレーのパンツという制服風の姿で田川、福崎、藤原、細田、三船が「キミノリズム」を披露。小関と甲斐はスーツ姿で「桜の街」を歌い上げた。
 再び、こんどは女子会トークの映像が流れ、なんと、ハンサムメンバーの美しい女子姿が見られる。この映像の中に、佐藤健、神木隆之介のレコーディング風景も入っている。
 そして、いよいよ、15th Anniversary Guest「伝説の先輩方」の登場。「ButterFly」を植原卓也、水田航生、鈴木仁、正木郁が歌った。
続いて、15th Anniversary Guestの猪塚健太、風間由次郎、松島庄汰が登場。田川、藤原、細田と共に「君だけのHERO」を歌うと、ファンからの声援が一段と大きくなった。
続いてスモークの中から桜田通、石賀、甲斐、小関が現れ「White Serenade」をしっとりと披露。
そして、青柳塁斗、神木隆之介が舞台上に姿を現すと再び悲鳴が。「Thrill」を太田、小関、渡邊と歌い踊り、圧巻のパフォーマンス。

M11_石賀、甲斐、小関、桜田sM13_神木s

チームハンサム!20名全員揃っての「Deat My Girl」。会場も一体となって、最高の盛り上がり。
先輩ハンサムたちからのメッセージ。
神木隆之介は「雨の中ありがとうございます。こんなたくさんのお客様の中やれて、お客様の顔もちゃんと見えますよ。みなさんたくさん楽しんでいってください」と話し、松島庄汰は「誕生日?」と声かけるとファンは「おめでとう」と応え、他のメンバーから「違うじゃない」と突っ込まれる場面も。風間由次郎は「2009年以来、11年ぶりのハンサムライブ出演」と話し、「若い子たちの負けない様にジャンプしてやります」と意気込んだ。

M16_チームハンサムs

歌だけでなく、ハンサムライブは恒例のゲームコーナーも必見。
2チームに分かれ、8カウントずつ踊りを増やしていき、踊りが間違えなくできるかを競うゲーム。ダンス巧者ばかりの争いなので、難しい振付の連続かと思いきや、俳優ならではの要素たっぷりのダンス対決になり、会場は笑いに包まれた。
 そして再び歌のパフォーマンスへ。「春の花」を先輩ハンサムチームが披露。
続いて、チームハンサム!2020が「Feel The Same」をメンバー同士肩を組みながら歌い、エンディングの「親孝行!!!」まで駆け抜けた。
 アンコール3曲も含め22曲、全力で歌いきった ハンサムたち。
最後に 15周年を迎えることができた感謝のメッセージを伝えて、幕を下ろした。

集合写真sM18_チームハンサムs

15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE JUMP with YOU」のPREMIUM EDITION DELAY VIEWINGが決定
日時
2020326()13:00開演/19:00開演
2020327()19:00開演


 

関連記事


Page Up