Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イ・ホンギ(FTISLAND)初主演映画『フェニックス~約束の歌~』6月7日(金)に公開決定!!

2013/4/7 11:48

 イ・ホンギ(FTISLAND)初主演映画『フェニックス~約束の歌~』6月7日(金)に公開決定!!

メイン2-2人生のきらめきを、日々の愛おしさを、歌が繋いでいく。

爽やかなビジュアルと抜群の音楽性で絶大な人気を誇るK-POPロックバンドFTISLANDのボーカル、イ・ホンギ初主演映画『フェニックス~約束の歌~』(原題뜨거운 안녕)の日本公開が、6月7日(金)に決定した。

武道館のライブチケットも即売する人気と実力を兼ね備えたFTISLANDは、アイドル志向の強いK-POPとは一線を画し歌と演奏に重きをおいた5人組バンド。人気の中心にいるメインボーカルのイ・ホンギは、日本でも大ヒットした韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」、市川由衣の相手役をつとめた日本のTVドラマ「マッスルガール!」(毎日放送/TBS)などにも出演し、俳優としても高い実力と人気を誇っている。そのイ・ホンギが初主演映画に選んだのが、爽やかな感動を呼ぶ本作『フェニックス~約束の歌~』だ。
人気絶頂で気ままに暮らすアイドルのチュンイは、わがままが高じて喧嘩沙汰を起こし、ホスピスでの社会奉仕活動を言い渡される。そこで出会ったのは、一癖も二癖もある患者たち。奉仕活動を早く終わらせる目的で、彼らとバンド“フェニックス”を組むことになったチュンイだったが・・・。
誰もが経験する“死”を前にして、残していく者と残されていく者それぞれの交錯する思いを爽やかに描き、限りある命の中で精一杯生きることの喜びと大切さを教えてくれる感動作の誕生だ。
イ・ホンギが演じるのは、自身と同じトップスターのチュンイ。わがままで奔放なスターの顔の裏側で、繊細で傷つきやすい心をもった青年を、時にはコミカルな演技も交えてナチュラルに演じている。さらに韓国映画界を代表するマ・ドンソク(『グッド・バッド・ウィアード』『痛み』)、イム・ウォニ(『シルミド/SILMIDO』『私は王である!』)、ペク・ジニ(『キッチン~3人のレシピ~』『アコースティック』)、シム・イヨン(『熱血男児』『カメリア』)など豪華な演技派俳優たちが共演。監督は、BIGBANGが誕生するまでをとらえたドキュメンタリー「BIGBANG The Beginning」などを手掛け 」などを手掛け 」などを手掛け 」などを手掛け “視聴率メーカー”と異名をとるナム・テクス、本作が映画初監督となる。

<ストーリー>

トップアイドルとして日々を気ままに過ごすチュンイ(イ・ホンギ)は、些細なことで暴力事件をおこし、社会奉仕活動として末期癌患者のホスピスに行かされる。そこで出会ったのは一癖も二癖もある人間ばかり。社会奉仕にもおざなりなホンギの監視役で口うるさいアンナ(ペク・ジニ)、腕の刺青をちらつかせては煙草をねだるムソン(マ・ドンソク)、病院を抜け出して酒場に行くボンシク(イム・ウォニ)に、なんでもかんでも激写する女の子ハウン(チョン・ミンソ)。病人とは思えないその振る舞いにあきれるチュンイだが、奉仕活動を早く終わらせるため彼らのバンド“フェニックス”の面倒をみることに。腕前は素人なのに文句の多いメンバーにチュンイは苛立つが、彼らの本当の思いを知った時、チュンイの中で何かが変わっていく。

監督ナム・テクス 出演イ・ホンギ、マ・ドンソク、イム・ウォニ、ペク・ジニ

公式HP: phoenix-band.jp

2013年/韓国/99分(予定) 配給:東宝東和 配給協力:東宝映像事業部

 6月7 日(金) TOHO シネマズ 六本木 ほか 全国 公開!

関連記事


Page Up