Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

完璧なディーン・フジオカ、意外な弱点は耳!?映画『結婚』完成披露試写会で暴露!

2017/6/8 11:38

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

6月8日、都内で映画『結婚』の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶に主演のディーン・フジオカ、共演の貫地谷しほり、柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、萬田久子、西谷真一監督が出席した。共演の女優陣がディーンの完璧さを口々に報告する中、萬田は「ディーンの弱点は耳!」と暴露した。

180A4613s左から安藤、中村、貫地谷、ディーン、柊子、萬田、松本、西谷監督

 

本作は、直木賞作家・井上荒野の同名恋愛小説が原作。ディーが演じる結婚詐欺師・古海健児(うるみけんじ)が小説家や空間コーディネーターなど、次々と姿を変えながら女たちに関わっていく。そんな古海に翻弄される女性たちの姿が描かれる。

客席からディーンが登場すると会場に詰め掛けたファンからは黄色い歓声が上がった。

180A4554s

完璧なヴィジュアルに知性的な会話で女性たちを次々に虜にする結婚詐欺師・古海を演じたディーン。「結婚詐欺は犯罪です」ときっぱり断言するも、会場のファンからは「騙して!」と書かれたうちわがかざされ、ディーンは思わず苦笑。ディーンは、「犯罪者なんですが、そういう生き方を選ばざるをえないような理由があったし、共感できる部分もあって、関わりたくはないけど目をそらすことができない。そういうキャラクターになれたらいいなと思いながら演じました」とネタバレにならないように自身の役作りについて説明した。

180A4390s180A4380s180A4467s

劇中、妻役を務めた貫地谷は「ディーンさんとアイドルグループを組んでいるような気分でとっても気持ちいいです」とにっこり。他の共演者たちも、ディーンのイケメンぶりを次々と報告していく。初対面で、すぐにディーンとの社交ダンスシーンに挑戦したという柊子は「失敗してもやさしくしていただいて、有難うございました」とディーンの完璧なエスコートに感謝。他の共演者たちもディーンについて「いつもディーンさんのまんま。完璧!」と褒めちぎる。松本も「常に完璧で、凄く真摯で、惚れてまうやろ~という感じでした」とメロメロ状態。2度目の共演となる萬田は「ディーンが遠いところを見てるようなところが好き!」といいつつ、「でも弱点を見つけたわ。(ディーンに)耳寒いでしょ」と厳しい寒さの中で行われた撮影でディーンが耳にカイロを当てていたときのエピソードを語った。ディーンは「耳痛くて……」と意外な弱点を認めていた。

180A4585s

NHK連続テレビ小説『あさが来た』でチーフ演出を務めた西谷監督は、ディーンについて「これからの日本映画をしょっていく人だと思う。一本背筋が伸びていて、地に足がついている」と賛辞を送っていた。

180A4485s180A4352s

女性陣の話を笑顔で聞いていたディーン。最後は、「この作品を最後まで観終わった後に、みなさんが結婚とは何かと考えるきっかけになればいいなと思います」とメッセージを送った。ディーンは主題歌「Permanent Vacation」をDEAN FUJIOKA名義で作詞・作曲を手がけ、歌っている。

「結婚」は、6月24日よりロードショー

関連記事


Page Up