Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小泉今日子、小林聡美、安藤玉恵、夏帆が四姉妹を演じる! 向田邦子の名作『阿修羅のごとく』 シアタートラムにて上演決定

2022/5/10 12:00

小泉今日子、小林聡美、安藤玉恵、夏帆『阿修羅のごとく』

阿修羅のごとく宣材写真s-(002)


「阿修羅」猜疑心が強く、争いを好み、互いに事実を曲げ、他人の悪口を言い合う。怒りの生命の象徴。四姉妹の揺れる心の現実を「阿修羅」にたとえ、その生活の機微を繊細に、そして力強く描き出す向田邦子の代表作、『阿修羅のごとく』が2022年9月9日(金)~10月2日(日)、シアタートラムにて上演される。

昭和を代表する脚本家である向田邦子の代表作『阿修羅のごとく』は1979年のドラマ放送以降、映画にリメイク(2003年森田芳光監督)、舞台化もされた(2004年、2013年)。今回は、向田のセリフをほぼそのままに、シーンと登場人物を大幅にカットし、“四姉妹(を演じる女優)のバトル”に焦点を当てる。本作の演出を担当するのは演劇界の二刀流 木野花。そして、脚色を担当するのは劇作家・演出家の倉持裕。

奔放に生きようとする長女・綱子を演じるのは小泉今日子。「大好きな向田邦子作品を舞台で演じることができるなんて!生きててよかったです。私は3人姉妹の末っ子として育ちましたが、今回は長女役。長女の立場から3人の妹たちを眺めたとき、どんな思いが心に生まれるのか。敏感に心を研ぎ澄まして稽古に臨みたいと思っています」とコメント。
平和に、堅実に生きようとする次女・巻子を演じるのは小林聡美。女らしさを秘めつつも不器用に生きる三女・滝子を演じるのは安藤玉恵。自由にそして必死に生きる四女・咲子を演じるのは夏帆。夏帆は「数年ぶりの舞台で今からとてもそわそわしています。この作品のお話をいただいたときに、これは絶対にやりたい…!と胸が高鳴って、また舞台の世界に飛び込んでみようと、覚悟を決めました」とのコメントを寄せた。

そして、三女に父親の身辺調査を依頼される探偵、恋人・勝又と四女の恋人・陣内を演じるのは岩井秀人。長女の不倫相手・貞治と次女の夫・鷹男を演じるのは山崎一。岩井と山崎の男性キャストが、それぞれ2役を演じ分けるのも見ものだ。

劇場は、四方向に客席を設置。ステージを囲む形で観るセンターステージ形式となる。

モチロンプロデュース 『阿修羅のごとく』
【東京公演】2022年9月9日(金)~10月2日(日) シアタートラム
※兵庫公演予定あり

【あらすじ】とある日、三女・滝子(安藤)の、話したいことがあるという連絡により、四姉妹が集まることに。数日前、70才を迎える父親が愛人らしき人物といるところを目撃した滝子は、興信所に父の身辺調査を依頼したのだ。
四人は、母親に知られることなく父に浮気を解消してもらうための作戦を練る。そんな姉妹だが、実は自身の生活にもそれぞれ悩みを抱えていた。長女・綱子(小泉)は仕事先の妻子ある男性と不倫関係、次女・巻子(小林)は夫の浮気の予感にもやもやした日々を過ごし、三女・滝子はその堅い潔癖さで男との出会いもなく、四女・咲子(夏帆)はボクサーの彼との不安定な生活に疲弊していた。
ままならない現実をあたふたと、それぞれの業を抱えて正直に生きようとする四姉妹の闘いの日々は続く、阿修羅のごとく・・・

関連記事


Page Up