Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソン・スンホン、キム・ジェジュン主演ドラマ『ドクタージン』制作発表会開催!

2012/5/19 12:01

5月17日、ソウルの小公洞にあるロッテホテルにて、MBC週末ドラマ[ドクタージン]の制作発表会が開かれ、主演のソン・スンホンを始め、イ・ボムス、パク・ミニョン、イ・ソヨン、キム・ジェジュンが姿を見せた。


[ドクタージン]は日本でもドラマ化されてすでに有名な村上もとかの漫画[JIN-仁-]を原作とし、脚本された韓国版ドラマ。21世紀の現代、IQ180、手術成功率100%といわれる韓国最高の外科医師が1860年の朝鮮時代にタイムスリップし、そこで韓国の歴史上の人物イ・ハウン(興宣大院君)と出会いながら巻き起こる物語を描く。


主人公の外科医ジンヒョクを演じるソン・スンホンは「以前[JIN-仁-]を知っていましたし、楽しく見させていただいたのですが、今回キャスティングされてとても嬉しかったです。台本を見て内容が韓国の情緒に合わせた構成につくられていたので、ぜひやってみたいと思いました。]と出演の動機を明かした。


また時代劇初出演に関しては「 時代劇が自分には俳優として挑戦でした。もっと年齢と演技を重ねてから演じてみたかったのですが、台本を見てこの作品はぜひやってみたかったんです。演じてみて楽しいですし、演技をしていて始めて感じることなんですが、まるで自分が不思議の国のアリスのように、現代人の医者として朝鮮時代の人たちの中で演技をしてみるととても面白いです。

いつもそんな事を撮影のたびに感じます。時代劇をするとなると撮影のため眠れないことも多いし、扮装などでも沢山の準備と時間がかかるので悩んだのですが、時代劇なりの面白さを感じました。かといって僕が朝鮮時代の人の役ではないので楽しく演じています。]と時代劇に対する気持ちも明かした。



パク・ミニョンは、原作にはない現代のジンヒョクの恋人ミナ役と朝鮮時代のヨンレ役の一人2役を演じる。[前作も時代劇で苦労したのでどうなるか心配したのですが、監督さんをはじめとして素晴らしい共演者の方々と頑張ろうと思いました。]と語った。


ソン・スンホンと同じく時代劇は初めてというキム・ジェジュンは朝鮮時代の長官キム・ギョンタクを演じる。「朝鮮時代の人物ということで、初めての時代劇で言い回しや服装などもぎこちないのですが新鮮な感じを受けます。皆さんもいろいろと助言してくださり今後もよい姿をお見せできるよう頑張ります。]と意気込みを伝えた。


また、時代劇の先輩であり、同じくパク・ミニョンと共演したパク・ユチョンからアドバイスは?と聞かれ「「髷を引っ張ると表情管理ができないだろう。目を閉じても薄目を開いたようになる」ことや「ドラマと個人的スケジュールを並行する時は髷を長くしていると額に後が残って大変だ。そして夏に髷の上と下の皮膚の色が違うので注意しろといってました(笑)]とアドバイスしたことを伝え会場を沸かせた。



歴史上の人物、イ・ハウンを演じるのは最後にキャスティングが決まったイ・ボムス。前作ドラマを終えて間もない中でのキャスティングに[むしろ感謝しています。このドラマに出演しなかったら公開していたかもしれない。]というほどに演じるキャラクターについて熱心に話す様子も見せていた。


また、ソン・スンホンはイ・ボムスがイ・ハウン役であったらと思っていたそうで、決まったとたんにすぐメッセージを送って喜んだという話も伝えた。



史劇[トンイ]でもチャン・ヒビン役を演じたイ・ソヨンはやはり原作にない朝鮮時代最高のキーセン、チュンホン役を演じる。本来運動など苦手な方だが、役柄のために踊りなど熱心に練習したと話していた。



また、もしタイムスリップしたとしたらどの時代に行きたいかという質問にソン・スンホンは[中学、高校時代の一番楽しかった時代に行ってみたいですね。学生時代がいつも楽しかったし、思い出も多いです。]と語った。キム・ジェジュンは「35歳くらい?7年後ぐらいにいってみたいです。気になるので・・。早く撮影が終わった3ヶ月後にもいってみたいし・・(笑)。7年後も同じ仕事をしていると思います。]と話した。


また、同時間帯で同日から放送される予定のチャン・ドンゴンの10年ぶりの主演ドラマ[紳士の品格]と人気番組ギャグコンサートについてソン・スンホンは「ドンゴン兄さんも久しぶりに出演されるということですが、ドラマのジャンルも違いますし兄さんもうまくいってほしいですね・・。僕の方がもう少しよければいいんですが・・(笑)。ギャグ・コンサートも好きな番組ですしどれも40%ずつぐらい・・あ、(計算が合わないと慌てるスンホン)みんなうまくいってほしいですね(笑)]と話した。



演出のハン・ヒPDが「現代のメディカルドラマであるためリアリティを生かしつつ、イ・ハウンという実在の人物を通して朝鮮時代を表現しています。ファンタジーとメディカルの結合的ドラマ。」と話した。



また[スンホンさんも時代劇が初めてといいますが、実際演じるのを見るととても似合っていると思いましたし、ジェジュンさんも歌手だとだけ思っていましたが、衣装を着けて演技させてみるとギョンタクにすっかりはまっているようです。放送をご覧いただければわかると思います。]と付け加えた。


MBC週末特別企画[ドクタージン]は5月26日から韓国で放送される。


 

関連記事


Page Up