イ・ジフン、日本14都市公演開催決定!来日記者会見

2012/7/19 12:40

ドラマ『ハロー!お嬢さん』『ニューハート』やミュージカル『パリの恋人』など数々の作品に出演し、長身で端正なルックスと確かな演技で人気を博すイ・ジフンが、日本14都市を巡る『イ・ジフン 韓流アーティスト公演』(主催:ハンプロダクション)の開催決定を発表。7月11日、東京・日仏文化協会 汐留ホールにて来日記者会見を行い、公演に向けて意気込みを語った。


同イベントは、10月7日の静岡公演を皮切りに、11月18日の大阪公演まで2か月間にわたって毎週末2日間公演(計14回)を開催。第1部ミニコンサート、第2部ミニミュージカル、第3部ファンタイムという3部構成の公演内容になっており、アーティストの優れた芸術性を最大限に表現した、これまでにはないファンミーティングの形でステージを開催。また、11月30日~12月2日には、韓国が誇る撮影現場でイ・ジフンと過ごす2泊3日のツアーも予定されている。


全国14か所を毎週末まわる事はとても大変では?との問いに、「確かに、週末に2日公演することは大変ですが、日本のファンの皆さんに会えるので嬉しい気持ちのほうが大きいです。僕は舞台で歌を歌うことがとても幸せなんです。大変というよりファンの皆さんに、久しぶりに歌う姿を見せることができるので、期待でワクワクしています。」と笑顔で語った。

今回の公演について「今は、K-POPが流行っていますが、僕はバラードミュージックをやってきたので、それにコンセプトを合わせました。第1部はドラマのOSTと僕の曲を披露し、第2部では韓国で行ったミュージカルの中から厳選した曲と一緒に演じる準備をしています。」と説明し、「10年くらい前に韓流ブームが始まったころを思い出し、恋人に会う気持ちで来ていただけると嬉しいです。」とPRした。


日本での本格的な活動についての考えを問われると、「今回の公演をきっかけに、来年3月くらいにシングルをリリースする予定で、日本でも活動する準備をしています。」と嬉しいお知らせも。「韓国では俳優として知られていますが、日本では韓国ドラマがたくさん放送されているにも関わらず、ファンの皆さんが歌手としての活動を期待し、待っていてくれました。僕自身も歌手として姿をお見せしたいと思うようになりました。」と意欲をみせた。

また、シン・ヘソンとカンタとのユニット「S」としての活動も期待されているが、「いつも“来年にはやろう”“来年にはやろう”と話しているんですが、お互い忙しすぎて・・・。今は確実な約束はできませんが、愛する友達のシン・ヘソン君とカンタ君と、いつかは一緒にしたいと思っています。」と思いを語った。

 

現在、公演のために一生懸命準備をしているというイ・ジフン。ファンが会いに来るのではなく、ファンのところに会いに行くというイ・ジフン自身がこの公演を一番に楽しみにしているようだ。

【公演期間】

2012年10月7日~12月2日(予定)

【開催予定地】

静岡・名古屋・埼玉・横浜・神戸・奈良・広島・岡山・熊本・福岡・千葉・東京・京都・大阪(日本14都市)

 

関連記事


Page Up