チ・ジニが韓国観光公社主催「韓国文化観光の夕べ」トークショーに出席!!記者会見編

2013/4/17 12:30

2013年4月9日(火)韓国観光公社 東京支社では2013年釜山・蔚山・慶尚南道訪問の年を記念し、韓国の文化と観光の魅力を日本に紹介する特別イベント「韓国文化観光の夕べ」を韓国文化院ハンマダンホールにて開催した。9J9A8178-2のコピーイベントの第一部として、ドラマ「チャングムの誓い」「トンイ」などで知られる韓流スターのチ・ジニを迎え、チ・ジニのおすすめ観光スポットの紹介や釜山、蔚山、慶尚南道エリアの魅力について語るトークショーが開催された。

 イベント前に、韓国文化院にて記者によるインタビューが行われた。

チ・ジニ氏 挨拶

「このように韓国に対して、深く関心を寄せてくださってありがとうございます。今日、この場でご紹介させていただくことだけでなく、皆様には是非韓国に直接足を運んでいただければ、色々な感動を持ち帰っていただけるのではないかと思います。

最近、日韓関係もとてもよくなってきていますし、日本はこれから景気もよくなるだろうとされています。そんな中で、是非皆様には韓国にお越しいただいて、さまざまな場所を観光していただき、日韓がともに歩める関係になれればと願っております。」9J9A8133-2のコピーQ: チ・ジニさんは日本に来るのはどれぐらいぶりで、いつも日本にくると楽しみにしていることを教えてください。

実は、日本へは1ヶ月前にも来ています。その時は、名古屋でプロ野球OBチームと練習していました。そして5月、6月にも日本に来る予定がありますし、11月にも日本に来る予定があります。日本へくるとやはり美味しい食べ物があることが楽しみですが、これがいいことかはわかりませんが、最近は円安になっているということで、韓国人にとっては日本へ来やすい状況になっていますし、韓国の中でも日本へ来たいと思っている人が増えている傾向かと思います。9J9A8232-2のコピーQ: 韓国観光広報大使として、今まで韓国の古宮や、日本の九州と釜山を結ぶ旅を紹介してくださっていましたが、今回の来日ではどのような韓国の魅力を教えてくださいますか?

お互いの国で、それぞれ自国に来てくださいというアピールをするわけですが、もし私が日本の国民であればどのようにして自国に来てください、アピールするのだろうと考えます。やはりお互いの交流が大切だと思い、日本といえば汽車の旅が充実していることに着目して、ソウルから釜山まで汽車に乗り、釜山から船で九州、そしてそこから又、汽車に乗るという方法で道を作ってはどうか?というアイデアが浮かんだのです。そのルートを使えば韓国から日本へ、日本から韓国への交流が、自然と活発になるのではないかと提案をしたところ、それが良く受け止められたので実現することになりました。

私も、実際その道を使って九州まで足を運びましたが、勿論飛行機を使えばすぐにいけるという長所もありますが、汽車を使えば味わい深いスローライフな旅を実感しました。今回は、日本からたくさん観光客が行かれているソウルや釜山以外の、あまり観光客が行かれてない慶尚南道を、皆様にご紹介したいと思い来日いたしました。

 韓国はそれほど大きな国ではありませんが、その地方ごとの食べ物や特色を一度経験されれば、一つの国なのにこんなに違うのか?ということを驚かれると思います。そして、より韓国の魅力を感じていただけると思います。私自身も日本でそれを感じました。福岡の方は釜山、東京の方々はソウルに似ていると感じます。9J9A8307-2のコピーQ: 今、日本では「トンイ」が放送されていますし、来月には「大風水(デプンス)」が放送予定ですね?

本当にありがたいことだと感じています。このように日本では、私の主演作がたくさん放送されていることの背景には、教育的な内容だという側面があるかと思います。『トンイ』については、よく皆様もご存知かと思いますが、これから放送される「大風水」の見所は、韓国で朝鮮王朝の一国が作られて行く過程が、描かれているドラマです。最初は、指導者らしくない動物的な姿で、実際動物の被り物をしたりして荒々しい姿、野生的な人物が描かれています。そして風水についても関心がある方にはお勧めです。

Q: チ・ジニさんご自身も風水は取り入れていらっしゃいますか?

風水というのは、占いや迷信でなく科学的なことだと思います。簡単な例からすると、扉を開けてどなたかのお宅や事務所にお邪魔したときに、綺麗に整頓されていてそこに何か置物があるととても良い印象ですよね。その印象によって、話しが気持ちがよくなりうまく進むことがあるし、汚く粗雑だとうまく行かなかったりするものです。そのようなことが、風水の側面かと思います。皆さんがお金持ちになりたければ、水を大切に考えてください。例えば玄関を掃除するときは、家の内側に向け掃除をすると良いでしょう。

水はお金を表すので外に払ってはだめです。また、川の流れがくる方向に家があると良いでしょう。流れていくのを後ろから眺める方向ではだめですよ。皆さん、豊かな生活を目指してください。(笑)9J9A8257-2のコピーQ:以前、インタビューで「韓国は次々に新しいものが生まれる国」とおっしゃっていましたが、釜山、蔚山、慶尚南道で何かそう感じることがありますか?

まず釜山についてですが、ソウルにいると釜山の食べ物については、魚料理などの生臭い料理が多いかなとか港町だから、荒々しい気性・・そんなイメージを持っていたのですが、実際釜山に行って見ると人情味溢れる街ですし、ソウルは味付けがされている料理が多いけれど、釜山は素材を生かした料理が多い印象です。最近は、とても発展していて1年2年前とは変わって新しい建物や橋ができたり、外国からの訪問客が多いのでコスモポリタンという雰囲気ではないかと思います。世界のどの国の方が訪れてもすぐに馴染める街ではないかと思います。

そして慶州、蔚山については、まったく別の印象ではないかと思う印象を受けます。慶州については、都市全体が文化財のように思えます。引越しする時は、何か遺跡が出る可能性があるので申告をしなければならないと聞いています。古都であるので、両班の文化が今でも根付いておりますし韓国の伝統的な食事を食べられる街でもあります。

また、釜山に行かれるときには船で行ってみてください。そして、市場にいけばさまざまな違いを楽しんでいただけると思います。私は、今年の夏は日本で休暇を過ごす予定です。船で対馬へ行き、時間があれば北海道へ行きたいと思います。是非、皆様も韓国へ足を運んでいただきたいと思います。本日はありがとうございました。

関連記事


Page Up