Kミュージカル『風月主』主演のイ・ジュガン、キム・ジェボム、記者会見に登壇!

2013/6/30 07:36

韓国ミュージカル『風月主〜美しきファランの禁断の恋〜』が、6月21日より東京・六本木のアミューズ・ミュージカルシアターにて開演した。6月27日、同会場にて主役を務めるイ・ジュガンとキム・ジェボムが会見を開き、公演に向けて意気込みを語った。

DSC_8369のコピー
アミューズ・ミュージカルシアターによる第3弾公演『風月主〜美しきファランの禁断の恋〜』は、古代新羅の時代を舞台に、架空の男奴生(キーセン)たち、孤独な女王の切ない愛を描いた韓国オリジナル作品。2012年、韓国で最も観たいミュージカルに選ばれた話題作だ。

DSC_8357のコピー
公演終了後、まだ余韻が残る舞台に衣装を着た主演のヨル役のイ・ジュガンと、サダム役のキム・ジェボムが登場。日本で韓国のミュージカルを上演することについて、キム・ジェボムが、「日本で上演できてとても嬉しく思っています。キャスト、スタッフ全員で力をあわせ長い時間をかけて準備してきた作品なので、たくさんの方々に観ていただきたいです。そして、既にご覧になった方には本当に感謝しています。」と気持ちを述べると、イ・ジュガンも、「韓国も日本もミュージカルのレベルが高いので、両国が文化の交流を図るいい場になると思います。」と伝えた。

DSC_8390のコピーDSC_8446のコピー
今回初共演となった二人は、お互いの感想を「イ・ジュガンさんは、以前『ヘドウィグ』という作品を見てカッコいい人だと思っていました。実際お会いしてみると、とても呼吸があい楽しく共演させてもらっています。機会があれば他の作品でもぜひ共演したいですね。」とキム・ジェボム。イ・ジュガンは「彼は、私がこれまでに観たたくさんの作品に出演されている先輩です。お互いに恥ずかしがりやで人見知りをするところがあるので、最初はどう接したらいいか悩みましたが、稽古に入ったらすぐに打ち解けて、今はとてもいいパートナーです。」と笑顔を見せた。

女王から寵愛を受けながらも、サダムとの愛を貫こうとする難しい役を演じるイ・ジュガンは、「ヨルとサダムには確固たる愛があったので大きな愛を、女王に対しては哀れむ気持ちを表現しなければならなかったので、その演じ分けが難しかったですね。」と明かした。

DSC_8433のコピー
『風月主』は、韓国では観客のリピート率が高く非常に人気の高い作品。韓国に続く出演となったキム・ジェボムは、「この作品は男性の奴生という特殊な題材ですが、なによりも切ない音楽が魅力です。悲しいメロディーを歌い、涙を流すと気持ちが高ぶります。同じように観客の皆さんもカタルシスを感じられるのではないでしょうか。」と作品の魅力を語った。

実際に自分が劇中のような状況にあったらどうするか?との問いに、イ・ジュガンは、「私は傷づくのが嫌なので、女性を一生懸命説得して皆が幸せになれるように努力します。」と答え、激しい役とは違う穏やかな性格を見せる場面も。

 韓国と日本の観客の違いについて、キム・ジェボムは、「日本と韓国に大きな差はなく同じように観ていただいたと思います。ただ、韓国での公演は小劇場だったので、すぐ近くで観客の感情が伝わってきたのですが、今回は大きな会場なので観客との距離があるのが少し残念かな?」とし、イ・ジェガンは、「韓国人は、日本の観客よりもう少し反応が早いかもしれません。日本の方は、それぞれの場面の感情を我慢しながら自身の中で積み上げて、最後に表現する・・・そういう違いがありますね。」と所感を述べた。

DSC_8423のコピーDSC_8391のコピー
最後に、「この作品を演じるにあたって、演出家から“悲しみを伝える作品を作りたい。”と言われました。ストーリーは単純ですが、登場人物の関係性や葛藤、どうしようもない悲しみに趣をおいて表現していきたいと思っています。」と意気込んだキム・ジェボム。また、イ・ジュガンは「素敵な音楽や踊り、時代とキャラクターを表現している衣装にもぜひ注目して観ていただきたいです。」と付け加え、作品をPR。

休園日にはお台場に出かけて100枚以上の写真を撮り、楽しい時間を過ごしたというキム・ジェボム。一方、イ・ジュガンは、渋谷・新宿・原宿などをまわりアクティブに過ごしたと楽しそうに明かし、充実した日々を送っている様子。お互いを認め合い尊重している二人が印象的な会見となった。

なお、キム・ジェボムは引き続き同劇場での第4弾公演『兄弟は勇敢だった?!』での出演が決まっている。「2作品も続けて日本公演に出演できて、とても嬉しいし自分は本当にラッキーだと思っています。一生懸命演じて、作品とともに僕自身も皆さんにもっと知っていただき、役者として成功して親孝行をしたいです(笑)。」と喜び、目を輝かせた。

DSC_8468のコピー
<ストーリー>

古代新羅、男性妓生たちが身分の高い女性たちに喜びを与えて接待をする“ウンル”という場所が存在した。それぞれの事情を抱え、ウンルに集まった男たち。彼らを、人々は風と月の主(あるじ)、“風月主”と呼んだ。ウンルで最も人気の高い風月主であるヨルは、女王ジンソンの絶対的な愛情を受けているが、彼の心はウンルの同僚であり長年の友人であるサダムに向かっている。決してかなうことはない思いを抱きながらお互いを愛するヨルとサダム、そしてジンソン。相手のために、自分のために、彼らが選んだ運命とは…。

ミュージカル『風月主〜美しきファランの禁断の恋〜』はアミューズ・ミュージカルシアターにて7月21日まで上演され、7月30日からはチ・チャンウクら主演の『兄弟は勇敢だった?!』の公演が予定されている。

 

関連記事


Page Up