Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チャン・グンソク、IU、イ・ジャンウの豪華キャストが『キレイな男夏祭り』に集結!昼公演の部

2014/7/23 10:26

KNTVにて6月27日より日本初放送になり、多くの話題を集めているドラマ『キレイな男』のチャン・グンソク、IU、イ・ジャンウの豪華キャストが2014年7月19日(土)20日(日)に幕張メッセに集結!『キレイな男夏祭り』と題したビッグイベントが昼、夜、別々のコンセプトで合計4公演行われ、超満員の観客とともに歌あり、笑いありの楽しい時間で大いに盛り上がった。

day_2のコピー
会場となった幕張メッセの1~3展示場では、ライブ会場の他、ドラマの世界観を再現した展示ブース、写真撮影コーナーなど、様々なドラマのワンシーンを体感できる多彩なエキスポエリアが出現。朝から夜まで2公演見て、一日中その場所で楽しめるイベントとなった。

昼の部~Beautiful Story~―

今か今かと待ちわびる大勢のファンの歓声とともに、いよいよ舞台中央に設置された階段中央の後方から白いスモークの中、主演陣3名の姿が浮かび上った。ステージ中央にチャン・グンソク、IU、イ・ジャンウが颯爽と登場。チャン・グンソクは、赤と黒の大きなアレンジラインの入った真っ白なジャケットスーツに白のタンクトップ、IUは黒に赤い花が腰のあたりに散りばめられた超ミニの女性らしいワンピーススタイル、イ・ジャンウはグレーの大人っぽいカットソーに黒のパンツという衣装。

JKS_naight3のコピー
主演のチャン・グンソクは「今日はドラマを観た方は思い出しながら、楽しんで欲しいです。」と挨拶。いよいよ今日のイベントのお楽しみ、ミッションをクリアするごとに用意されている日本の有名スイーツや、食べ物がいただけるということで力の入った戦いが繰り広げられることになった。

ミッションの内容は『キレイな男』のドラマ中、チャン・グンソク演じるキレイな男トッコ・マテが10人の女性から課せられた様々なミッションを乗り越えていくことで、人間的に成長していくという物語だが、イベントではグンソクとジャンウが対決し、IUがジャッジする。

そのジャッジのIUは男性二人の印象を、勿論二人ともハンサムでステキな人だと思ったけれども知るうちにグンソクはわんぱくな人で、ジャンウは不思議ちゃんだな?と思ったとコメント。ぎこちない日本語で一生懸命話すIUの初々しさに、会場から暖かい拍手が何度も起こっていた。

IU_day1のコピー
ここで勝利した人が食べることのできる美味しいものを紹介。日本で人気のある「堂島ロール」「名古屋の手羽先」「北海道のとうもろこし」などを見て、ジャンウもIUも「堂島ロール大好きです!」と目を輝かせたところで第一ミッション開始。スクリーンにはドラマのシーンが映し出された。その女性たちから生メッセージでミッションが出題される。

第一問はジェッキ役のソ・ユジンから。彼女はお金の価値をマテに教える役であった。今もそのことを覚えていますか?どうでしょう?1分間で女性が好きそうなアイテムを5つ選び、値段が1万円に近いほうが勝ちというミッション。値段が高いだけでなく、そのプレゼントに意味があるかどうか?ということもジャッジのIUの選択ポイントとなる。

開始と同時に何個かの品物を掴んだグンソク!不安そうに見るジャンウの対照的な姿が会場から爆笑を誘っていた。グンソクが選んだエコバックにはどのような意味があるか?とのMCからの質問に、「これは週末に僕は料理が好きなので、彼女と一緒にマーケットに行き、買い物をして持ってあげる。」との答えにファンからキャーと歓声が。ダイアリーについては交換日記を彼女とするためと、王子様キャラ本領発揮の発言。更に、ミラーについては「IUちゃん、これで毎日可愛い顔をチェックして僕に見せて。」と言うと、隣のジャンウは恥ずかしそうにアハハハと大笑い。他に財布とグリーンの器も選んだ。

一方、ジャンウは結局グンソクが選ばなかった帽子、折りたたみ傘、シュシュ、バッグチャーム、サングラスを選択。特に意味はなさそうだがかろうじてサングラスは初めてボトン(IU)に出会った時にしていたよね?とちょっと付け加え気味なコメントで、天然キャラ炸裂。結局、合計金額はグンソクが9700円、ジャンウが10500円ということでグンソクの勝利?のように思えたが、ここは意味のあるプレゼントかどうかとのポイント加算をIUがすることなので、ジャッジをしてもらうことに・・・

すると意外にも、選択の際人気のなかった帽子を実はIUが一番欲しかった物だとコメントし、なんと、どんでん返しでジャンウの勝利!IUは当日衣装にあわせるためにウイッグをしていたので、帽子があったらいいな~と思っていたと告白。見事勝利を勝ち取ったジャンウは真っ先に「堂島ロール」を選び、「本当に美味しいです!!」と満足の笑顔。横で羨ましそうに見るIUにも自分が食べていたロールを半分分けてあげていた。

LJW_day1のコピー
第二問はエレキ仙女役のキム・イェウォンからの問題。人を操ることがエキスパートのエレキ仙女からの出題は、人の心を読むには相手の心をさぐれるか?ということでジェスチャーゲームが行われた。様々な映画の題名を身体で表し、それを何問相手に伝えることができるかということで勝利を決める。ここではグンソクが「ジョーズ」「ゴースト」「ハリーポッター」「パイレーツオブカリビアン」「タイタニック」などのお題を見事に表現して正解を得て、IUが「ターミネーター」「マトリックス」を正解、ジャンウは「ラブレター」「猟奇的な彼女」「きみはペット」「ジュラシックパーク」「X-MEN」などを正解させた結果、IUのジャッジでグンソクの勝ち!グンソクはIUが正解できなかった「ミッションインポッシブル」を自分の表現で表す際に、ジャケットを脱いでノースリーブの姿になり会場のファンにジェスチャーを見せ、歓声を浴びていた。

今度はグンソクがご当地の美味しいものを食べられるということで、選んだのは北海道の白くて甘いとうもろこし、ピュアホワイト。昨年コンサートで北海道を訪れた際にとても美味しかったのでお土産に買ったということも明かしていた。あまりの美味しさにここでも隣で羨ましそうに見るIUに自分の食べたとうもろこしを「食べる?」と優しく勧め、それを食べる姿に会場からは「いいな~」と羨ましそうな声が。

ここでちょっと一休みということで、会場にはグンソクの迫真の演技シーンがビデオで流れた。マテが母親に「自分が生まれてきてしまってすみません。さようなら、お母さんは美しい方です。笑顔でお幸せに。」と別れを告げる悲しいシーンだったが、あまりのグンソクの迫真の演技に会場のファンも改めて見て、涙を流してしまう人もいるほど。このシーン撮影についてグンソクは「特に練習したりはしませんでした。そのときマテの気持ちになって演技しました。そういうことを見ている人に伝えることに、僕が演技する意味があるのだと思いました。」と真摯にコメント。

次にドラマの中でマテがお茶目に話す言葉「~かよ?(イリニ~?)」の場面が連発したあとは、IU演じるボトン個性的な様々なファッション、そしてイ・ジャンウ演じるダビデの印象的な笑い声「ハ・ハ・ハ・~!!」のシーンが流れた。グンソクはこの言葉がマイブームになっていたのだが、日本語ではどんなふうに翻訳すると良いのかと随分スタッフと考えたそうだ。ジャンウ演じるダビデの笑い声は、実は普段のジャンウの笑い声だそうで演技ではないと告白。すっかりグンソクも「ハ・ハ・ハ!」がお気に入りのようで、イベント中もその声を真似してジャンウをからかって遊んでいる様子だった。IUの奇抜なファッションについては、とても似合っていて妹のように可愛かったとジャンウも絶賛。

次はIUのライブが始まり、『Beatiful Dancer』をハートのついたトロッコで移動しながら会場後方まで行き披露。そして、当日多くのファンと触れ合えるように設置された後方のステージ上で2曲目の『Friend』をしっとりと熱唱。この曲は日本人にもお馴染みの安全地帯の大ヒット曲であり、IU自身がとても安全地帯の曲が好きで選曲されたそうだ。

IUのライブコーナーが終わると、いよいよミッション後半がスタート。

第三問は保険女王キム・インジュン役のチャン・ヒョンジョンからの問題。多くの人脈を得る天才であるインジュンからのミッションはボトンの心をどちらがGETできるか?という戦い。IUをボトンと思い、どちらの男性がIUの心を掴み取ることができるかということで、心からのラブレターを2分で書いた上に告白する。IUはイベントでのことなので、二人の真心が見えるのか?と心配していたが結果はなかなかのもの。まずジャンウがIUに向かってトロッコに乗って少しずつ移動しながら告白。「ボトンへ、君のことだけを僕は見ているのに、君はいつもマテばかり見ているけれど・・・」とすっかり役になりきりボトン愛しているよと愛を告白。途中小道具で持っていた人形をマテだと思い会場へ向け投げてしまって、プレゼント無しの告白に少しIUは物足りなさそう。

一方グンソクは完璧なラブレターを作成!「Dearボトン 君のおかげでいつも僕は成長できるよ。・・・ボトン、ア・イ・ユーとゆっくり言ってみて。」とIUに促すとIUが話しだした。ア「愛してる。」イ「いままでずっと」ユー「You are so beautiful!」と告白し最後は小道具から選んだキラキラした指輪をプレゼントして指にはめてあげた。すると、IUはプライベートも含めてリングをプレゼントされたのは初めてと本当に感激した様子で、会場の反応も含め満場一致でグンソクの勝利となった。

JKS_night2のコピー
第四問はボトンの母役のイ・ミヨンからの出題。いつも娘の幸せを願う母親として理想のお婿さんはどちらができた男性か?ということで洗濯物をいかに上手にたたむことができるのかという対決。これは日頃の生活が見えてしまう課題だったが、たたむスピードは4枚でジャンウが先行。グンソクは2枚だったが、いずれもお世辞にもきちんとたためてはいない様子。ここでは4枚たたんだジャンウの勝利となった。

二人がひとつずつ何かを食べられることになり、グンソクは名古屋の手羽先、ジャンウは先ほどから気になっていたとうもろこしを食べて大満足。

ここからはライブコーナーで、歌唱力抜群のイ・ジャンウが『愛しているから』そして米米クラブの『君がいるだけで』を日本語で熱唱。「さっき食べたとうもろこしが少し喉に詰まっています(笑)」と会場の笑いをまた誘っていた。その後IUが『少年時代』を歌唱した後、ドラマのOSTの曲を担当しているグループ「HISTORY」がゲストとして登場。5人組のヒストリーが壇上で華麗な歌とダンスパフォーマンスして『The Last Time』『Psycho』を日本ファンに初披露。

HISTORY_dayのコピー
そして最後は会場からキレイな男を探す!というゲームが行われ、会場を訪れていた本当に数少ない男性の中からグンソク、ジャンウがそれぞれ一名ずつ選んで壇上へ呼んでどちらがキレイな男かIUがジャッジするというゲーム。それぞれが個性的な男性を選んで来たので会場の拍手で選ぼうとIUが発案。拍手ではグンソクが選んだ「キレイナ男」と書いてあるタオルを頭に巻いた男性の勝利?のように見えたが、IUのジャッジでは、皆さんのキレイな男はその方でも、私のキレイな男はこちらの方にとジャンウの選んだ男性を勝利とし、熱いハグのプレゼントも!選ばれた男性はIUの熱いハグに感慨無量の様子で大いにこのゲームも盛り上がって終了。

最後のライブコーナーではイ・ジャンウが『熱病』を伸びやかな歌声で熱唱し、その後はジャンウの「キレイな男!チャン・グンソク!」の呼び込みでいよいよチャン・グンソクが登場。『Lovely Girl』『Indian Summer』『Nature Boy』を披露し、2曲目の『Indian Summer』では歌詞にある「揺らせ、踊れ、乱れ」にあわせ会場のファンをグンソクが促すと全体がオールスタンディング状態となり、飛び上がる観客で本当に会場のフロアが揺れていた。

EXPO_3のコピー
昼の部「~Love is Beautiful~」は大盛況のうちに閉幕し、夜の部『Love Song』への余韻を残した。

 

■「キレイな男夏祭り~Love is Beautiful~」PHOTO BOOK早くも発売決定!

http://www.koari.net/products/detail.php?product_id=7205

■「キレイな男夏祭り~Love is Beautiful~」SPECIAL DVD発売決定!

http://www.koari.net/products/detail.php?product_id=7204

■「キレイな男」オフィシャルサイト

http://www.kirei-t.jp/

メイキングDVD 8/22発売!

劇場版シネマート六本木にて上映決定!

■「キレイな男」KNTVにて放送中!

毎週(金)後10:05~深0:30(2話連続)

http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=27891

■チャン・グンソクTEAM H アリーナツアー開催決定!

http://www.jang-keunsuk.jp/team_h/

 

 

関連記事


Page Up