Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

松坂桃李、ダークサイドのヒーローに!松坂の役作りに共演者たちは絶賛!映画『不能犯』

2017/12/22 03:08

取材:記事・写真/RanEntertainment

21日、映画『不能犯』完成披露試写会が都内で行われ、主演の松坂桃李、共演の沢尻エリカ、新田真剣佑、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子と白石晃士監督が出席した。豪華キャスト陣の集結に満員の会場からは黄色い声援が起こった。

s-RanRan3IMG_0921a

本作は、「グランドジャンプ」で連載中の同名人気マンガが原作。思い込みやマインドコントロールなど常識的に考えて実現が不可能な行為で人を殺す「不能犯」の宇相吹(松坂)と、唯一彼がコントロールできない女刑事・多田(沢尻)との攻防が描かれる。

s-RanRan1IMG_0850as-RanRan4IMG_0929a

主人公・宇相吹を演じた松坂は、「(ダークヒーロー役に挑戦して)楽しかったです」と笑顔を見せ、「僕は人間の欲や業にまみれた人間を死に誘うという役柄で、『あなたもそちら側(死)に行ってしまうんですね』という瞬間に立ち会うときに(宇相吹の)笑みがこぼれる……という気持ちがよく分かりました」と意外な自身のダークサイドな部分を話した。そんな松坂に沢尻から「悪っ!」とツッコミが入った。

s-RanRan10IMG_0938as-RanRan11IMG_0925-2

s-RanRan12IMG_0864-2

また、劇中の松坂の「愚かだねえ~、人間は」というセリフにからめ、「自身の愚かな考え」を問われると、松坂は「行為というより『愚かな考え方をしてしまったわ~』ということなんですけどと前置きし、「街を歩いていた時にスケボーをやっている人がいて、危ねえなあ、転ばねえかなあと思っていたら転んだので、『おっしゃあ~』と思った。大丈夫かなではなく、ほら、そんなことしているからと思ってしまった……」と自らの邪悪な行為(考え)を猛省した。劇中、松坂は人の心を操り、死に追いやる立証不能な犯罪者役を熱演。

s-RanRan6IMG_0885as-RanRan5IMG_0904a

松坂と対峙する女刑事・多田友子役を演じた沢尻は「今までにない役柄で、アクションにも挑戦しました。思うようにうまくできなくて、なかなか難しかったんですが、すごく楽しかった」と撮影を振り返り、「いろんなメッセージが込められている映画です」と作品をアピールした。また、初共演となった松坂については「ビジュアルがそのまんま、キャラが際立っていて、すごく怖かった」と告白した。

他の共演者たちも「存在感が異質で、周りだけ色が出てるような……。上目遣いも新鮮でした」(間宮)。「ビジュアルと豹変するときのスイッチの切り替えがすごくて圧倒されました」(矢田)。などと演技者・松坂の想像を超える演技力を絶賛した。

s-RanRan9IMG_0931a

観客からキャスト陣への黄色い声援が飛ぶ中、白石監督は、「美男美女と一緒の撮影現場は楽しかった。素敵な作品に仕上がっています」と笑顔で作品をアピールした。

最後に松坂が、「クリスマスが近くて、恋愛映画でほっこりするのもいいけれど、『不能犯』でゾッとするのも悪くないと思うはず。おもしろ怖い映画です!」と作品をアピールしてイベントを締めくくった。

映画『不能犯』は2018年2月1日より全国公開

 

関連記事


Page Up