『第20回釜山国際映画祭(BIFF)』、映画『ピンクとグレー』に主演の島裕翔、菅田将暉が海雲台ステージに登場!

2015/10/13 01:04

2015.10.02 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

10月2日午後、釜山市海雲台(へウンデ)区BIFF VILLAGE(ビフ・ビレッジ)にて映画『ピンクとグレー』の野外舞台挨拶が開かれ、主演の中島裕翔(Hey!Say!JUNP)、菅田将暉、行定勲監督が会場を訪れた。

9J9A2492-2a

会場は詰め掛けた数多くのファンからの歓声を浴びた。長い時間会場で待ち続けたファンに向かって中島裕翔は「アンニョンハセヨ!皆さん長い間お待ちいただいてありがとうございます」、菅田将暉は「アンニョンハセヨ。菅田将暉です。本当に長い間お疲れ様です。短い時間ですがよろしくお願いします」と挨拶した。

今回釜山国際映画祭(以下、BIFF)に初めて参加した中島裕翔と菅田将暉は、二人で海雲台の周辺を散歩したというエピソードを披露。「皆さんも一緒に行きますか?」と話す場面も見られた。

9J9A2510-2a

映画『ひまわり』で第5回目の釜山国際映画祭では批評家連盟賞を受賞し、BIFF公式上映作品が今回10作品目となる行定勲監督は、第20回を迎えた今回の映画祭に参加したことに対して「この映画祭は僕にとって第二の故郷のようなところだと思います。この映画がどのように評価されたり、受け入れられるかというのを僕の中の基準にしていますので、皆さん映画をご覧になっていろいろな感想を聞かせていただけたらと思います」と伝えた。

映画の内容についての質問を受けた菅田将暉は「うちの可愛い中島裕翔くんのスクリーンデビュー作なんで」と話し始め「なんといいますか、青春映画です。現実の中にある非日常と非日常の中にある日常を描いた青春映画です」と説明した。

9J9A2517-2a

この作品を映画デビュー作に選んだことについて中島裕翔は「初出演作がこの『ピンクとグレー』で本当によかったと思います。先輩である加藤君の原作を映画化にするということもそうですし、キャストも今をときめく若い世代の方たちがたくさんいらっしゃって、何と言っても行定監督と一緒にできるということが本当に光栄なこと」であると伝えた。

今回中島裕翔と菅田将暉のキャスティングについて行定監督は「二人のキャスティングが決まって撮影を始めて感じたのはとてもポテンシャルが高いということです。すごい未来が開けている二人が演技の中での自由をどんどん勝ち取っていく姿にものすごく日本映画界の俳優の底力と誇りを感じました。『GO』以来の手ごたえのある作品をこの二人が作り上げてくれたなと感じます」と絶賛した。

中島裕翔については「ベッドシーン、暴力シーン、心の弱い部分、アイドルらしいきめのきいた歌のシーンなどいろんなことをやってもらいましたがいろんなことができると思いました。全部がさまになっています。前半と後半ではそれぞれの俳優のまったく違った魅力が見れる映画なのでそういった部分もすごく楽しみにして欲しいです」と伝えた。また菅田将暉については「ピンクの髪をしていますが(笑)非常に奇抜でありながら繊細。たぶん今の日本映画界で彼を必要としている監督はたくさんいると思います。それくらい逸材だと思います。かつての窪塚洋介を彷彿とするくらい、フレームからはみ出るような芝居をしてすごく繊細だと思う、今後も組んでいきたい俳優の一人」と太鼓判を押していた。

 9J9A2620-2a

菅田将暉の良い部分について聞かれた中島裕翔は「僕にはない柔軟性があるので嫉妬しています(笑)」と話し、菅田将暉は「数少ない公私共に仲良くしているんですが、ただ可愛いんじゃなくて男らしさもありながら荒々しくなくて品がある「何だこの高級食材は?」と思わされる魅力があります」というと表現。すると会場から「愛嬌を見せて~!」と声があがり、投げキッスをする場面も見られた。

最後に中島裕翔は「自分の中にこういった感情があるなとたくさん共感していただける作品だと思います」、菅田将暉は「国境を越えてたくさんの方に見てもらえるという機会があることに感謝しています。ぜひご覧になってたくさんの方に伝えてください。僕たちもがんばります」と挨拶した。

9J9A2579-2a

今年20周年を迎えた『釜山国際映画祭(BIFF)』は10月1日~10日に渡って開催され、釜山センタムシティ、海雲台、南浦洞などにある主要映画館にてワールドプレミア94作品、国際プレミア27作品、ニューカレンツ部門12作品の映画が公開される。また、映画の出演者たちによるオープントーク、野外舞台挨拶、映画上映後の観客との対話などの他、各種イベントも行われる

 9J9A2578-2a

閉会式のある11日までに渡って開催され、釜山一帯にある映画館(釜山センタムシティ、海雲台、南浦洞など)の主要映画館にてワールドプレミアが98作品、国際プレミアが36作品など、79カ国の計314作品が上映される。また、映画の出演者たちによるトークショーやオープントーク、野外舞台挨拶など、各種イベントも行われる

 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up