Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

F.CUZ(フォーカズ)が新メンバー2名(レヒョン・テゴン)を迎えSPECIAL SHOW CASE を開催!

2012/6/19 05:24

新メンバー2名(レヒョン・テゴン)を迎え新体制となったF.CUZ(フォーカズ)が、6月17日(日)SHIBUYA-AXにて、「F.CUZ リリース発売記念SPECIAL SHOW CASE 『FOR CENTURY ULTIMATE ZEST』」を開催した。


日本で5人揃ってのパフォーマンスは初めてとあって、イベント開始前からファンたちはF.CUZのネームの入った風船と一緒に、大きな期待も膨らませながら開演を待っていた。

「JANUS LIVE ver」が流れ、ステージにスタッズやジップで個性的にデザインされた黒のレザーの衣装でメンバー5人が現れるとファンの歓声は一挙に頂点へと向かった。続いて「NO.1」では風船に加え思い思いに用意した応援グッズでファンもメンバーと一体となって歌を盛り上げた。


続けざまにアップテンポの「RISE UP」で会場はますますヒートアップ!キラキラ光る手のひらを見せながら、腕を突き上げるポーズに大歓声!

「みなさん、こんにちは!F.CUZです!」声を揃えて日本語でご挨拶。

「みなさん、こんにちは。F.CUZのカリスマリーダー ジノンです!」

「F.CUZのスマートガイ レヒョンです!」

「F.CUZのスマイル ひまわり イェジュンです!」

「F.CUZのベイビーフェイス テゴンです!

「F.CUZのビジュアル カンです!」と、それぞれ流暢な日本語で自己紹介。

 
自己紹介の後、リーダーのジノンがイェジュンに向かって「もう、ひまわりじゃないでしょ。」

イェジュンが「どうして!ボクは最初っからひまわりですよ!」と反撃。

すると、ジノンが「イェジュンくん!キミ、キャワイイネェ~~~~!!!」とチャラ男発言!!!

これにはファンも「きゃぁ~~~!!!」と大喜び。

驚いたことに特別なMCは登場せず、メンバーだけですべて日本語でイベントが進行された。事前に準備していたものもあっただろうが、メンバーの発言にツッコミを入れたり、その日本語の実力はかなりのものであった。


「NO.1」の曲についてカンから「4月韓国での3枚目のミニアルバムのタイトル曲です」と紹介があり、この曲は「TRAP」とタイトルを変えて日本語バージョンになっているとのこと。

そこで、テゴンがワンフレーズを日本語で披露。

「テゴンさんの顔はすごくカワイイけど、声は男らしいですね~」の声に「ボクも!ボクも!
」とジノンが「ウ~~~~~」と低い声を。

「次のアルバムは、ジノンさんがメインボーカルですね!」という声が上がると「じゃぁ、ボクがラップ!」「じゃぁ、ボクはリーダー!」と次々と役目を奪われてしまったリーダーのジノン。

しかし、ちゃんとフォローが入る。「この曲はジノン兄さんが真ん中で主役です!」

すると、ジノン。「オレの魅力でメロメロにしてやるぜ~!」「ワイルドだろぉ~!?」と、今度はスギちゃんネタを披露。またまた客席からは「きゃぁ~!!!!」と大歓声。

新メンバー2人に○×で答えてもらうコーナーも。

「好きなタイプはかわいい人よりキレイな人だ」という質問には、レヒョンは×。かわいい人がタイプだそうだ。テゴンは○。「ボクは顔がキレイなタイプ、アイシテマス」他のメンバーから「テゴンさんは、セクシーなタイプが好きです!」と暴露されていた。

「メンバーの中で僕が一番いい男だ」という質問では、2人とも×。「うそ!」「うそ!」と声が飛び交う中、カンがピースサインでビジュアル担当をさりげなくアピール?


続いて、カジュアルな衣装に着替えたジノンとテゴンがラップとボーカルが絶妙に重なった魅力的なパフォーマンスでパク・ミョンスの「写真」という曲を披露。

新メンバーのレヒョンとテゴンがソン・シギョンの「僕に来る道」をしっとりと歌って会場中をうっとりさせれば、カンとイェジュンが2NE1の「I AM THE BEST」をステージ狭しと踊りながら歌って客席を大いに沸かせた。

6月8日に21歳になったレヒョンの誕生日を祝ってレヒョンの顔が描かれたケーキがサプライズで登場。メンバーからは「うらやましい!」の声が。そして、ファンも一緒に「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」の大合唱。これにはレヒョンも大感激!

「日本語も勉強して、たくさん練習もして、演技もやりたい!」と抱負を語った。


続いて6月13日に発売される日本3rdシングル、せつないバラード「Drawing Heart」を熱唱。

「4月に韓国でミニアルバムを出すまで1年半かかりました。それまで待っててくれて、ありがとう。僕たちは舞台で歌って、踊るのが一番なんです。」

最後に一人ずつ、今日の感想を述べた。

「久しぶりだったのでドキドキしました。来てくれてありがとう。これから、韓国でも日本でも色々活動するので、応援宜しくお願いします!」(カン)

「日本で初めての舞台で緊張しましたが、みなさんと一緒に楽しむことができて嬉しかったです。次はもっとカッコ良くなって必ずまたお会いしたいです!」(テゴン)

「今日はとても楽しかったです。久しぶりにみなさんに会えて気分がいいです!これからも応援して下さい!」(イェジュン)

「今日1日ホントに楽しかったです。こんなに大勢の方がお祝いしてくれた誕生日は初めてです。カッコ良くなってまた日本に来ます!」(レヒョン)


「今日のショーケースはとても良かったです。なぜなら、みんながいてくれたからです。ありがとうございます!23日に大阪、24日に渋谷でイベントもあります。たくさん来てください。」(ジノン)

真面目に終わったかと思ったら、すかさずジノンが「みなさん!!!」と呼びかけ「オレだけを見ろ!」と、発言! 客席からは悲鳴のような歓声が上がった。

最後に「お願い、電話に出て」とせつなく歌うミディアム・テンポのラブソング『Take a Call』をプレゼント。


メンバーが去ったホールに響く「F.CUZ!F.CUZ!」の熱いコールに応えて5人がステージに再登場。アップテンポの「LUV HOLIC」で会場はヒートアップ!ノリノリでショーケースは終了となった。

最後は、全員で会場の右手、左手、真ん中と「せーの!」「ありがとうございました!」と深々とお礼のお辞儀を繰り返した。


ショーケース終了後には、CD購入者との握手会も開催され、ファンとの直接の触れ合いでますますエネルギーを充電したF.CUZ。

個性豊かなキャラクター、ビジュアル、ヴォーカルと新メンバーの加入で更にパワーアップしたF.CUZの今後の活躍が期待される。

ジノン


レヒョン

イェジュン


テゴン


カン

関連記事


Page Up