Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『アコースティック』プレス試写会

2010/10/22 04:40



10月20日午後4時30分、ソウルのワンシンリCGVにて、映画『アコースティック』プレス試写会とVIP試写会が開かれ、ユ・サンホン監督をはじめ主演俳優たちが会見に参席した。

ドラマ『屋根を突き破ってハイキック』『善徳女王』に出演し、ただいま人気絶頂のシン・セギョンと独立映画などにも出演したペク・ジニ、2AMメンバー・イム・スロン、CNBLUEのギター、イ・ジョンヒョンとドラムのカン・ミンヒョクとフレッシュなメンバーによって演じられた3編の音楽にまつわるオムニバス映画。

ラーメンを食べなければ生きられない奇妙な病気を抱えたシンガーソングライターの少女を演じたセギョンは、「音楽映画に参加するにあたって、他のメンバーより音楽性が不足な部分があるのでそれを埋める努力をした」という言葉通り、短い撮影期間の中、約1ヶ月間ギターの練習をし、歌のシーンも監督の願い通りに演じるよう努力したと語った。

音楽が好きでたまらないのに、生活のためにギターを売らなければならないロックバンドの兄弟役を演じるのは、今大ブレイク中のCNBLUEのメンバー、イ・ジョンヒョンとカン・ミンヒョク。イ・ジョンヒョンは「今は舞台に立てても以前は自分たちも映画と同じように活動していた時期もあった」と語り、「今回の映画初出演がでインディーズバンドの役を演じられて楽しかった」「自分も(自分の役のように)地下の部屋で生活しながらドラムを学んだのでたくさんの共感することができた。」と出演した感想を伝えた。

音が武器となり、音楽が消えてしまったとある未来。音を研究する大学生と音を感性で感じる少女が出会い、お互いの足りなさを埋めあおうとする愛と友情のお話。イム・スロンはこれがスクリーンデビューとなることに関して「映画デビューは意味のある作品に出演できればと思っていたが、それが音楽を素材とする内容であったので良かったし、未来の音楽がどんなものか感じることができるシナリオだったと思った。」とし、2AMメンバーも演技に対してたくさん助言してくれると話した。

夕方からのVIP試写会では、2AMのメンバー、チャンミンとジヌン、CNBLUEのチョン・ヨンハとイ・ジョンシン、そして俳優ソン・ガンホが訪れ、試写会会場に花を添えた。

この映画『アコースティック』の物語の中心は音楽であり、それを通して夢や希望、愛を探していく若者たちの明るく、軽快なファンタジーストーリーとして描かれている。今旬の人気者たちが演じる3つのストーリーでこの秋は音楽がもっと恋しくなりそうだ。プサン映画祭上映作品。10月28日韓国公開。

取材:Hiromi H 記者







関連記事


Page Up