Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【第72回NHK紅白歌合戦 速報】関ジャニ∞村上信五 紅白司会への道は「松本の潤の大河」 松潤を支えられるようにしっかり準備だけはしたい

2021/12/28 18:42

取材:記事/RanRanEntertainment・写真/オフィシャル

東京国際フォーラムで行われている「第72回NHK紅白歌合戦」の初日28日の音合わせ&囲み取材に10度目の出場となる関ジャニ∞が登場。横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義の全メンバーが顔を揃えた。

_7NS3258s


28日は音合わせの初日だが、カメラマンの出演者へのポーズの注文が今日一多くなったのが関ジャニ∞の囲み取材だ。様々なポーズと撮り続けるメンバー。中でも丸山が手でハートマークを作ると「あっ!それ可愛い」とカメラマンから声が飛ぶ。


取材でも関ジャニ節が炸裂。恒例の紅白の司会について聞かれた村上は、「いじります?そこ?」と会場の爆笑を誘いつつ「今年も残念ながら立候補はしていたんですけど、あえなく、あと一歩のところで」と敗戦の弁を語った。

原因は「朝ドラと大河に出ていないという僕のキャリアの至らなさが」と分析しつつ「現時点では(オファーが)ないですけれども、 あのー松本の潤の大河にはねじ込んでもらおうかなと思ってますので、この辺りでようやく司会がちらついてきたかなと。なので2022年 はちょっと俳優業に邁進させていただきまして、23年大河、 そして紅白という流れを自分の中で描いております」と紅白司会への計画を明かした。

「岡田君も出るという発表もありましたし、僕も松潤を支えられるようにしっかり準備だけはしたいと思います」と話し会場は笑いに包まれた。

「正直すみません。記者の皆さんに向けては話してません。会場にいるNHKスタッフさんに向けて話しています。是非とも届けという想いで」と再度会場を笑わせた。

 

 

関連記事


Page Up