Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【第72回紅白リハ 速報】上白石萌音 『夜明けを口ずさめたら』 今年は大河ドラマ、朝ドラ、紅白、今年が人生のピーク!

2021/12/29 22:42

取材:記事/RanRanEntertainment

第72回紅白歌合戦のリハーサルが12月29日(水)、東京国際フォーラムにて行われ、楽曲 『夜明けを口ずさめたら』で初出場となる上白石萌音が囲み取材に出席した。

EM4_3997a


上白石は「先ほど、リハーサルをしてきて、やっと実感が湧いてきました。当日は必ず緊張すると 思うんですが、曲の力と演奏の美しさを信じて心を込めて頑張りたいと思います」と意気込みを語った。


紅白当日の緊張を乗り切るために、上白石は「練習を信じることと、生演奏で角野隼斗さんとストリングスの皆さんとコラボさせていただくんですけど、その音をしっかり聞いて、1人じゃないっていうのを感じながら、心強く歌うことかなと思います」と話した。

今年は大河ドラマ、朝ドラ、紅白への出場と言わば三冠。上白石は「大河と朝ドラの台本を2冊持ちしていたときは、今年が人生のピークかもしれないと思っていたんですけど、紅白が決まった瞬間は確信に変わりましたね(笑)。今年がピークです」と断言。

朝ドラに関連し、「やすこちゃんって呼ばれることがすごく多くて、街でもいろんな世代の方に安子ちゃん、あんこちゃんって呼ばれ、(ドラマで)安子が結婚したら、みんな喜んでくれて、子供を産んだらみんなが『おめでとう』って言ってくれて、本当に私は朝ドラとともに日々を過ごしてくださっている方がたくさんいらっしゃることを感じて、とても嬉しかったです。先程、稔さん(SixTONESの松村北斗)とたまたますれ違いました。『あー、頑張っください』みたいな感じで、すっかり令和の装いでキラキラされてました」とニッコリ。

EM4_3985a


紅白に向けて「大変おこがましい気持ちでいっぱいなんですけど、紅白なんだなっていう気持ちを噛み締めていて、でも特別に感じて気負うことなく歌うことに集中したいなと思います」と話した。


この1年はどんな年だったか漢字一 文字で表わすと?「“動く” です。本当に止まることなく動き 続けた年でしたし、それに伴って人生的な意味でも動きの大きい年だったなと思います。来年も きっとノンストップで頑張ることになりそうなんですけど、本当に今年は人生を動かすような出会い もたくさんあったので、そういう一つ一つを糧にして一つ一つを丁寧に頑張ります」と締めくくった。

 

関連記事


Page Up